昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/07/21

 愛着や信頼感を形成したいのに「この人は違反をしている」となると、攻撃的な感情を湧き起こすように働くのがオキシトシンです。あなたが我慢して、自分のことよりも社会のルールを優先させているのに、同じルール上にいるはずのお義母様がそれに反する行動をしているとなると、「どうしてこの人は裏切るんだ!」と叩きたくなってしまうのです。

 そんなときは、「あ、オキシトシンが悪く作用している」と、我に返る瞬間を持っていただきたいところです。

©iStock.com

 本当に心配な場合は、糾弾よりも情に訴えるほうがメッセージは効果的に伝わります。お子さんたちも総動員で、「身近な人が死んだら、私は立ち直れません」「死んじゃ嫌だ」と、目薬でも何でも用意して、超絶技巧の泣き落としを演出してみるのはいかがでしょうか。

◆ ◆ ◆

中野信子さんにあなたのお悩みを相談しませんか?​
みなさまのお悩みを woman@bunshun.co.jp(件名を「中野信子人生相談」に)もしくは〒102-8008 東京都千代田区紀尾井町3-23「週刊文春WOMAN」編集部「中野信子の人生相談」係までお寄せください。匿名でもかまいませんが、「年齢・性別・職業・配偶者の有無」をお書き添えください。

text:Atsuko Komine

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春WOMANをフォロー