昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

三浦春馬さんは日記に「死にたい」と捜査関係者 堀越学園同級生保護者は「自殺するような子じゃなかった」

担任教師は「忙しくても一生懸命、補習を受けて卒業した」

genre : ニュース, 社会

 7月18日に亡くなった俳優の三浦春馬さん(享年30)。所属事務所のアミューズは公式サイトでこう発表した。

《弊社所属の三浦春馬が、2020年7月18日に亡くなりました。ファンの皆さま関係者の皆様におかれましては、ご心配、ご迷惑をお掛けしておりますが、詳細に関しましては、現在確認中であり、改めてご報告させていただきますので、何卒ご了承の程 宜しくお願い申し上げます 株式会社アミューズ》

2013年頃の三浦春馬さん ©Getty

 三浦さんは東京・港区にある自宅のクローゼットで首を吊った状態で見つかり、その後、搬送先の病院で死亡が確認された。捜査関係者によると、「自宅からは『死にたい』と書かれた日記が見つかっている。自殺とみて捜査を進めている」という。

「サッカーボールを蹴って走り回っていた」幼少期

 三浦さんは茨城・土浦市で生まれ育ち、4歳の頃から地元の児童劇団「アクターズスタジオつくば校」に通った。「土浦のスターで地元の誇りなんです」と地元の近隣住民が三浦さんの幼少期を振り返る。

三浦春馬さんが発見された港区の自宅マンション ©文藝春秋

「春馬君が小学生の頃、ご自宅の前でサッカーボールを蹴って走り回っていた無邪気な姿は今でも覚えています。でも高校生になると同時に、芸能の仕事をするために春馬君だけ単身で東京に引っ越していました。お母さんは忙しい春馬君の身の回りの世話をするために、ほぼ毎週東京に通っていましたよ。

 春馬君が上京してからはお会いする機会も減ってしまい、最後に見かけたのは7、8年前くらいのお正月です。その時はもうすでにかなり売れっ子の役者さんでしたが、昔と変わることなく、気取ってない感じで『お久しぶりです』としっかり挨拶をしてくれました。こんなにいい子がなんで……。本当に残念でなりません」

三浦春馬さん ©Getty