昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“次女”の死を隠し“次男”を出産……旭川・乳児死体遺棄 両親の“特殊な子育て方針”

 小さな亡骸は、毛布に包まれ、庭の冷たい土中に埋められていた。死体遺棄容疑で北海道警に逮捕されたのは、旭川市の一軒家に住む“四児”の父母――京田陵(38)と麻理乃(36)。奇妙な事件はなぜ起きたのか。

◆◆◆

 発端は6月29日朝8時半頃、夫婦の長女(5)と長男(3)が、自宅から3キロ以上離れた道を、パジャマ姿で歩いていたことだ。旭川東署員が姉弟を保護し、自宅に送り届けた。

 乳児を抱いて出てきた麻理乃は、その子を第三子にあたる“次女”と答えた。

京田麻理乃容疑者

「戸籍上は子供は3人で、2018年8月に生まれた次女は1歳10カ月のはず。ところが、自宅にいた子は明らかに生育が遅れているため、ネグレクトの疑いが生じた。姉弟が父に頬を叩かれたことがあるとも話したので、虐待を疑った署が2日後、児童相談所職員と一緒に京田家を再訪すると、思わぬ事実が判明した」(捜査関係者)

 夫婦が“次女”と説明した乳児は、出生届の出されていない無戸籍の第四子、しかも“次男”だったのだ。

「次男の体重は約6000グラム。夫婦は出生届の性別を間違えたと釈明したが、上の子はその乳児を、次女とは別の男の子の名前で呼び、次女は『死んじゃった』と話した」(市の関係者)