昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

【かわいい写真多数】やさしい豆柴の姉とやんちゃな捨て猫の弟、いやしの9年

2020/08/02

source : 週刊文春WOMAN 2019 夏号

genre : ライフ, ライフスタイル, 社会, 読書

 豆柴のセンパイが5歳のときに、捨て猫だったコウハイ(推定3カ月)がやって来た! センパイが母となってコウハイを育て、はや9年。やんちゃな仔猫もすっかり落ちついて、いまではおばあちゃんになったセンパイを心配そうに見守って……。そんな2匹の9年間を2匹の飼い主のエッセイスト・石黒由紀子さんがお届けします。

2019年春。センパイ14歳、コウハイ8歳。コウハイは3歩下がってセンパイおばあちゃんの影を踏まず。ほどよい距離からそっと見守っています(最近は)©️石黒由紀子

センパイ、そしてコウハイがやって来た!

 2006年、戌年のお正月に豆柴を迎えました。生後4カ月、名前は「センパイ」。内気でぼんやりのマイペース、食い意地だけは犬一倍のメス。

 4年後、ご隠居さんのように落ちつきはじめたセンパイを刺激したくて、動物愛護団体を主宰している友人に相談。すると「猫を飼えば? この子はどう?」目の前に差し出されたのは、捨てられ瀕死だったところを保護された仔猫。

『週刊文春WOMAN vol.6 (2020夏号) 』

「この子は小さくて弱いから、育たないかもしれない」友人はそう思い、「もし死んでしまっても、あの家なら、あやまれば許してくれるだろう」と考えての勧めだったとか。

 仔猫は我が家に来た日から、か弱い外見とは裏腹に、犬を見ても人を見てもひるむことなく、強気。家じゅうを果敢に探検し、センパイの背中をベッドと決め、よいしょと登って眠ってしまいました。

 仔猫の名前は候補を挙げていろいろ考えてみたものの「センパイ」といえば「コウハイ」が自然だと、「センパイ&コウハイコンビ」誕生です。

2010年冬。コウハイがやって来た次の日の朝。果敢にアプローチするコウハイと、呆然とフリーズするセンパイ ©️石黒由紀子