昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

それって本当に身体にいいの? 現役美容師が解説する「オーガニック」「ボタニカル」の落とし穴

2020/07/24

 ヘアケア商品のみならず、美容界のあちらこちらで目にする「オーガニック」と「ボタニカル」製品。

 自然派指向の方だけでなく、ここ数年で一般層にも関心が高まっているように感じます。天然成分を配合していて、安全安心、イイ香りのイメージですね。百貨店のテナントに入るオーガニック専門店も多くて、パッケージもお洒落なものが多い。

 ですが、それが100%正義かと言うと、ちょっと違う。美容師目線で見る、髪の毛に関わることを中心にお話しします。

©iStock.com

そもそもの言葉の棲み分け

[オーガニック] 有機肥料によって生産された農産物。化学肥料を使ってない。
[ボタニカル] 植物由来の。

 オーガニックは有機栽培で作られたものを指していますが、ボタニカルは幅が広く、ある種の思想やライフスタイルを指す側面もあるようです。言葉に汎用性があって、「ボタニカル〇〇」と表現しやすく、言葉の響きもお洒落ですね。

 では、どういったものが「オーガニック」「ボタニカル」製品と呼ばれるのか。実は、令和2年7月現在、日本には「オーガニック」や「ボタニカル」と名乗る為のコスメ類の規定がありません。海外にはそういった協会などがあるのですが。

 なので、メーカー側が商品のブランド価値を高めるために、海外(特にヨーロッパ)の認証を得ることが主流になっています。

 規定されたオーガニック成分を配合すること、またオーガニック成分の配合比率を守ることなど、それぞれの協会が設定した水準を満たしていないとマークはつきません。

 認証を得ると必ずマークが表記されるので、選ぶ際には大きなポイントになります。

イタリアのオーガニック認証機関ICEA(イチェア)の認証マーク(左)とEUのオーガニック認証マーク(右)

 このため日本では内容の99%が科学成分なのに、ちょびっとだけオーガニック成分を配合して「オーガニック成分配合」などの表記をして、実質オーガニックでない製品が横行しています。

 オーガニック成分は栽培、抽出するのに手間がかかるため、ひとつひとつが高価です。沢山配合すると、もちろん値段が上がってしまいます。

 ドラッグストアなどで売っている安価なものは疑わしいので、必ず認証マークをチェックすることをオススメします。