昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

genre : ニュース, 社会

大久保容疑者「魂だけでも救ってきますわ」

 大久保容疑者逮捕の一報が流れたのは7月23日。大久保容疑者は山本直樹容疑者と共に、2019年11月30日午後5時半頃に患者女性宅を訪問し、薬物を投与して殺害した。

大久保容疑者とくらんけさんのDM

「実は、昨年10月末に先生から《近々○○氏(患者女性のTwitterユーザーネーム)の家にいくことになりました》と連絡があったんです。私も彼女が苦しむ様子に何かしてあげられないかと思っていたので、信頼できる先生が動いてくれてほっとしました。先生は患者女性を自分のクリニックに転院させることも考えていたようなので、その相談をしに行くのだろうと思っていました」

大久保容疑者とくらんけさんのDM

大久保容疑者《引き取ってこっちで面倒みっかな。。》(2019年10月29日)

大久保容疑者《とにかく魂だけでも救ってきますわ》(2019年10月29日)

大久保容疑者《ところで、近々○○氏の家にいくことになりました。 死ねる薬うってくれよーとか、かなりお疲れのようでして。主治医無能だなーと》(2019年10月31日)

大久保容疑者とくらんけさんのDM

患者女性からは安楽死の費用についての相談

「先生が患者女性の自宅に出向くことが決まった後、患者女性からもDMが送られてきました。私はその時にはすでにスイスの『ライフサークル』という団体で安楽死をすることが決まっていたので、その費用について質問を受けたんです。ただ、その頃には患者女性はすでにスイスでの安楽死は断念されていたので、どうしたんだろうと少し気になりました」(くらんけさん)

くらんけさんと患者女性のDM

患者女性《LC(注:ライフサークル)に支払った費用はいくらか教えてもらえますか?》(2019年11月13日)

くらんけさん《ええと、通常は110万》(2019年11月13日)

患者女性《ありがとうございます》(2019年11月13日)

くらんけさん《いえいえ、どうかされました? 何かあったら、いつでも言ってくださいよ~!》(2019年11月13日)

「ニュースで患者女性が先生に100万円程度を支払っていたと知って、もしかしたら私のケースを参考にして医師2人に支払ったのかな……と思いました。だから、いまは話したことを少し後悔しています。そして、この直後から患者女性との連絡が途絶えました」

くらんけさんと患者女性のDM。最後の2通のメッセージに返信が来ることはなかった

 2019年11月25日を最後に、患者女性のTwitterの更新もストップした。心配したくらんけさんは、その後も何度か患者女性との連絡を試みたという。

くらんけさん《○○さん、その後どんなです?》(2019年12月6日)

くらんけさん《お体どうですか、○○さん》(2020年1月6日)