昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/08/03

 では、このグランエミオができるまではどんな駅だったのだろうか。

「駅周辺の再開発は1985年ごろに行われているんですよね。西口のワルツ所沢ができたのもそのくらいですし、東口も区画整理されて1986年に西武鉄道の本社も池袋から移転してきました。特に東口は『くすのき台』という新しい地域で、区画整理以降主に住宅地として開発が進んできました」(内田さん)

2010年に工事が始まる前の所沢駅 提供:西武鉄道
こちらも以前の所沢駅 提供:西武鉄道

所沢駅が開業したのは1895年

……そんな話を聞きながら、駅の周りを歩いてみることにする。西口に出ると、立派なロータリーとそれを取り囲むペデストリアンデッキとワルツ所沢。さらに北西に向かって「プロペ通り」と名乗る商店街が伸びている。商店街は人通りも多く、実に賑やかだ。

「この商店街を抜けてさらに歩くと、高層マンションがいくつも建っているエリアがあるんです。そのあたりは“旧市街”とも呼ばれていて、昔からの所沢の中心地で、以前は所沢市役所もありました」(内田さん)

所沢駅の西口
西口の商店街「プロぺ通り」。駅と昔からの所沢の中心地を結ぶ

 なるほど、古くからの町の中心と駅を結ぶ動線の途中に商店街が生まれて賑わうようになったのだろう。ここで気になるのは、どうして所沢が2路線の交わるターミナルになったのか。所沢駅が開業したのは1895年。国分寺と川越を結ぶ川越鉄道の駅として誕生した。次いで1915年に武蔵野鉄道が開業し、所沢駅に乗り入れる。川越鉄道は現在の西武新宿線、武蔵野鉄道は西武池袋線で、現在の“ターミナル”としての形は1915年に完成していたことになる。

1965年に撮影された所沢駅 提供:西武鉄道

江戸時代も“物流拠点”だった

 川越鉄道がなぜ所沢に駅を設けたのか、調べてみると鉄道敷設計画を聞きつけた所沢の人々(当時は所沢町)が駅誘致の請願を行って開業にこぎつけたものだという。さらに“鉄道以前”にさかのぼってみると、所沢は秩父方面と川越方面の街道が分かれる地点。江戸時代には周辺の物資が集まり六斎市が開かれるなど“商業都市”として賑わった。幕末から明治にかけては所沢絣と呼ばれた木綿製品の集積地にもなっていたようだ。つまり、所沢は近世以来の物流拠点であった。そうした歴史を踏まえれば、鉄道の時代に入って複数の路線が乗り入れてターミナル化したのは必然といっていい。