昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/08/16

genre : ニュース, 社会

 

今後も陛下は、ご家族のことを考えていかれるのではないか

 日本の皇室とスペインの王室は交流が深く、陛下はこれまでに6回スペインを訪問されています。陛下は同世代の国王フェリペ6世と長年親交を結ばれ、来日中の国王から「おかげさまで、日本の天皇陛下とスペイン語で会話できる機会が増えています」と感謝されたことがあります。昨年、「即位の礼」の儀式に参列したフェリペ国王、レティシア王妃と両陛下が言葉を交わされた様子からも、温かく友好的な関係を築かれているように拝察しています。

「饗宴の儀」参列のため、皇居・宮殿「竹の間」を訪れたスペインの国王・フェリペ6世とレティシア王妃を出迎え、あいさつを交わされる天皇皇后両陛下 宮内庁提供

 陛下がプライベートなことを話されることはありませんが、雅子さまと愛子さまを支え、お二人に対していつも心配りをなさっているとお見受けしています。日本の皇室は伝統があるところです。今後、どういう方が天皇陛下になるのか、皇位を継がれるのかという点でさまざまな議論や課題が生じるでしょうが、陛下はご家族のことを考えていかれるのではないかと思います。

2018年8月、三井浜でのご一家  ©JMPA

 陛下は英国に留学され、外国に住んだ経験のある方らしく、ご自身から積極的にお話しになります。皇太子時代には39カ国を公式訪問され、各国の王族との絆も深められてきました。陛下と同世代の場合もあれば年齢が離れている場合もあるでしょう。そういうことは関係ないように見えるほど、誰とでも分け隔てなく親しみを込めて接される方です。そして雅子さまは外交官として活躍され、国際的なバランス感覚にも長けておられます。令和の時代には、両陛下お二人だからこそできる、国際親善や交流活動をますます発展させられるのではないかと期待しています。

 

写真=末永裕樹/文藝春秋

この記事の写真(14枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー