昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

 咀嚼音が苦手ということは、外食はあまりしないのだろうか?

「外食はそこそこしますけど、週4くらいで自炊もします。そもそも、食べることそのものにあまり楽しみを見出せないです。それより、1日の摂取目安量とされている350グラムの野菜を毎日ちゃんと摂っていきたいです。自炊だと野菜の量がコントロールしやすくていいです。あまり時間をかけたくはないので大したものは作りませんが」

King Gnuから受けた影響

 印象的だったのは、インタビューの中盤。遠野氏が突如、「King Gnuの話をしたいです」と切り出したこと。

「影響を受けたと思っているところがあるんです。何年か前にリーダーの常田大希さんが『Vinyl』という曲の歌詞についてツイッターに『パンチラインはここのフレーズだ』みたいな投稿をしていて、そういうことを言えるのってかっこいいなと思って。それまで、小説の盛り上がりとかはあまり考えたことがなかったんですが、この作品のパンチラインはどこか、ということを多少意識するようになりました。そうやって物語の起伏を意識して書くようになった直後に、作家デビューしたんです、確か。時系列はもうあんまり覚えていませんが」

『破局』には陽介の筋トレなど、印象的なシーンがいくつもあるが、遠野氏が明かしたパンチラインは意外な箇所だった――。

 遠野氏が「自分の実力以上のものを発揮できた」とする『破局』のパンチライン、高校から続けていたバンド活動を辞めた理由、デビュー前に投稿した不思議な習作、次回作の構想などについて語ったインタビュー「King Gnuと夏目漱石」全文は、「文藝春秋」9月号及び「文藝春秋digital」に掲載されている。

出典:「文藝春秋」9月号

※「文藝春秋」編集部は、ツイッターで記事の配信・情報発信を行っています。@gekkan_bunshun のフォローをお願いします。

※音声メディア・Voicyで「文藝春秋channel」も放送中! 作家や編集者が「書けなかった話」などを語っています。こちらもフォローをお願いします。

この記事の全文は下記サイトで購読できます

この記事の写真(3枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文藝春秋をフォロー