昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

絵本作家・ヨシタケシンスケが“アイデア帳”にかきとめた「臆病な発明」とは?

イラストエッセイ『欲が出ました』

 絵本作家、イラストレーターとして活躍中のヨシタケシンスケさん。その新作『欲が出ました』は、大人のためのイラストエッセイです。同書のもとになっているのは、ヨシタケさんが普段から持ち歩き、思ったことをかきとめるスケッチ帳。ここから絵本のアイデアが生まれることも多いんだとか。

 同書では、そんなスケッチ帳から選りすぐりのイラストを、ヨシタケさん自ら“ゆるっと”解説。今回はその第三章「朝から晩まで、欲が出ました」より、5本のイラストエッセイを特別公開します。

◆◆◆

(1)以下のコンテンツを視聴するにはやさしさが必要です

 すべてのサイトにつけばいいのに、と思ってます。

 以下のコンテンツを視聴するにはやさしさが必要です。あなたはやさしい人ですか? YES NO って。

 

 あなたは18歳以上ですか、っていうのと同じように、自分はやさしい人間ですって申告したうえでサイトに入ってくる人なら、見ているページに対してひどい意見を書き込んだりしないんじゃないかと、この間、思ったんですね。この手の冗談をわかってから来る人なら、って。

 僕は臆病だから、いつも、なんか言われるのが怖くてしようがない。

 本の最初にも、これから先は、やさしさがないとご覧頂けません、とか。創作とは何かわかった人間以外ご遠慮ください、とか。読解力のある方だけ、とか。いろいろ言い訳を付けたいと思ってるくらいなんです。

 要は、もし嫌な事を言って来る人がいたら、やさしいにYESしたじゃない、それなのに文句って、最初の申告で、あなた、うそをついてますねって、ちょっとこちらが優位に立てるんじゃないか、って臆病な発明なんです。