昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“異様にうまい”無印良品のレトルトカレー 新作3種もスゴかった

2020/09/07

source : CREA WEB

genre : ライフ, グルメ

現地の工場で生産された 本場の味!

左より「カリアヤム」1人前180g 490円 、「ビーフルンダン」1人前180g 690円 、「マサレマ」1人前180g 490円 。全国の無印良品の店舗、またネットストアで販売。

 「無印良品」のレトルトカレーシリーズに、マレーシアの味が仲間入り。

 ご存じ無印良品は、これまでインド、タイといった世界のカレーをレトルトシリーズとして商品化し、今やラインナップは40種以上。現地の人もおいしい! と納得するクオリティの高さで、カレーマニアからも注目の的。

 いってみれば“レトルトカレー界の世界プレミアムチーム”のようなシリーズに、マレーシア料理が3種も登場するなんて……! 感涙。

右上より時計回りで、ビーフルンダン、マサレマ、カリアヤム。一番カレーらしい色はビーフルンダン。カリアヤムはトマト、マサレマはココナッツミルクの色がきいている。

 さっそく食べてみると、ふわっと鼻に抜ける芳醇なスパイスの香りが、たしかに懐かしさ満点のマレーシアの味!

 鶏肉や野菜の具はごろごろ。唐辛子の辛さやスパイスの香りがしっかりきいていて、もはやレトルトであることを忘れそうな本格レベルです。

 さて、無印良品が今回なぜ、マレーシアの味を商品化したのか。それには2つの理由があります。商品にこめられた思いを取材しました。