昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

眞子さまと小室圭さん「月と太陽」会見から3年…元皇族・絢子さんは守谷家と「良好な関係」

genre : ニュース, 社会

「一言で申し上げるのは難しゅうございますが、小室さんは私を温かく励ましてくださる存在でございます。最初に惹かれたのは、太陽のような明るい笑顔であったと思いますが、性格を深く知るうちに真面目でご自分の考えと強い意志を持ちながら努力されるお姿、また、物事に心広く対応される姿に惹かれました」

 秋篠宮家の長女・眞子さま(28)が、小室圭さん(28)とのご婚約内定についての記者会見でこう述べられたのは、2017年9月3日のことだ。あれから丸3年が経つ。

2017年9月3日、婚約内定記者会見での眞子さまと小室圭さん ©JMPA

「月のように静かに見守ってくださる存在」

 この会見で、小室さんが呼応するように「宮様と度々お会いするようになりましてから、ある日夜空に奇麗な月を見付け、そのとき思わず宮様にお電話をいたしました。その後も奇麗な月を見付けますと、うれしくなり宮様にお電話をおかけしています。宮様は私のことを月のように静かに見守ってくださる存在でございます。とても愛情深く、確たる信念をお持ちのところに強く惹かれました」と話したことも話題を呼んだ。

小室圭さん ©JMPA

 アメリカ・ニューヨークのフォーダム大学ロースクールに留学中の小室さんは、いよいよ最終学年を迎える。「女性自身」(5月26日号、6月23・30日合併号)がフォーダム大学のウェブサイト上に同大OBである金融の専門家に小室さんがインタビューする音声が4月に公開されていたことや、昨年夏に小室さんが執筆した論文が専門誌「NY Business Law Journal」に掲載されたことを報じた。英語版の共同ニュースでは、小室さんの近況について「パンデミックの中でオンラインクラスを受講した。来年の卒業後、米国で司法試験を受ける予定だ」(8月14日)と報じている。