昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

菅官房長官が出馬へ 「安倍首相」から「菅首相」が出てくるマトリョーシカの“危険性”

二階幹事長「やるなら応援するよ」

2020/09/01

genre : ニュース, 政治

 月曜の朝刊は「菅氏 総裁選出馬へ」と朝日も産経も毎日も読売も一面で伝えた。

 菅義偉氏の出馬を意外に思う人もいるかもしれないが、常々、次の首相を狙っていると“公言”していた。

菅義偉氏 ©文藝春秋

 菅氏が「その指摘は当たらない」と言うときは大体当たっているように見える。つまり総裁選立候補について「全く考えていない」と否定するほど「四六時中考えています」と告白しているようにしか見えなかったのである。菅さんはわかる人にはわかるサインを送っていたのだ。

©文藝春秋

 しかもここ数日での決断ではない。菅氏出馬の一報が出た日の読売にこんな記事があった。

《「次の首相はどうか。やるなら応援するよ」自民党の二階幹事長は6、7月と2か月連続で行った菅氏との会食で、こう水を向けた。いずれでも菅氏は「ありがとうございます」と応じ、二階氏の申し出を拒否しなかった。》

 この記事のタイトルは「総裁選、『安倍後継』菅氏に焦点」(8月30日)。

安倍晋三首相 ©JMPA

 菅氏へのお膳立ては整っていたことがわかる。ずっと記事を追っていれば匂いに気づく。それなのに岸田派内では「菅氏の動きは意外だった」との声が漏れたという(毎日新聞8月31日)。

 どこまでのんきなんだ。