昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

一晩で2.7万いいね! 彼氏なし、セフレあり、派遣社員女子のマンガが「わかりみが深い」わけ

『明日、世界が滅びるかもなので、本日は帰りません。』作者インタビュー #1

2020/09/11

女子たちの心に刺さりまくる「ふせでぃ流ポエム」の辛口

——ふせでぃ先生はどのようなきっかけでマンガを描き始めたのでしょうか。

ふせでぃ マンガを描こうというつもりは当初まったくなくて。いろんな創作の中で、自分とは一番遠いと思っていました。きっかけは、イラストをインスタに上げたことですね。女の子のイラストを描くのが好きで。

——具体的にはイラストレーターを目指すつもりで?

ふせでぃ そうですね。イラストをインスタにアップして、SNSでフォロワーが増えていったら何か結果につながるかなと思っていて。バイトをしながらイラストをせっせと上げてました。女の子のイラストだけじゃなく、男の子も描いてみたら反応が多くなってきて。でも、結局はフォロワーが増えても「自分の作品です」と言えるようなものがないことに気づいて虚無モードになったんですよ。この先に何があるんだろうと……そんな時にKADOKAWAさんから「本を出しませんか」と声をかけていただけて。

——そのお話が来て初めて「イラスト」をもとに「マンガ」を作って。1冊目の単行本『君の腕の中は世界一あたたかい場所』が生まれたわけですね。

ふせでぃ 正直、あれはマンガと呼べるのかわからないですけど。インスタに上げてたイラストにコマを足して。一応キャラも詰めて物語の形にはしましたが。マンガ風にしたイラストなのか、イラスト風のマンガなのか……。欄外にポエムをつけたりしてるし。

君の腕の中は世界一あたたかい場所」 KADOKAWA

——私はマンガだと思って読みましたよ。

ふせでぃ そうですか?? それまでちゃんとしたマンガを描いたことがなかったし、そもそもマンガもそんなに読んでいないほうなので。

——そうじゃないかなと思ってました。でも、だからこそマンガばかり読んできた私からすると、「新鮮なマンガだ」と感じる表現が多いです。

——2作目の『今日が地獄になるかは君次第だけど救ってくれるのも君だから』は大学生の恋愛を描く長編で、グッとストーリーの比重が増しましたね。

ふせでぃ 1作目は3人の女の子についてポツポツ語るという感じだったので、もっと1人の主人公にフォーカスして長くカメラを回そうと思ったんです。やってみて、カメラワークとか細かい技術の必要性を感じましたが。この頃からけっこう少女マンガも読むようになりました。「自分の代表作になるものを作りたい」と意識的に取り組み始めたんです。

——ふせでぃ先生の読者は、現在は中高生から20代が中心と思われますが、幅広い世代の人に読んでほしいですね。私自身、恋愛マンガは俯瞰的に読む方なんですが、ふせでぃ先生の作品はなぜか主人公目線で入りこんで読んでしまう。