昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

一晩で2.7万いいね! 彼氏なし、セフレあり、派遣社員女子のマンガが「わかりみが深い」わけ

『明日、世界が滅びるかもなので、本日は帰りません。』作者インタビュー #1

2020/09/11

 漫画家のふせでぃ氏がツイッターにアップした「愛されたいけど誰も愛してくれないからとりあえずセフレに依存してるOLの話」というマンガが、一晩で2.7万いいねを獲得。

「わかりみが深い」「めちゃくちゃ私で死にそう」など、若者を中心に共感の声が殺到している。

「派遣社員、彼氏なし、忘れられない元カレ&セフレあり——」という女子を描いたマンガが、なぜいま、これほどまで支持を受けるのか。

「文春オンライン」での連載が、このたび最終回を迎えた『明日、世界が滅びるかもなので、本日は帰りません。』の作者・ふせでぃ氏に聞いた。

(取材・文 粟生こずえ)

「会ってごはんはいいけど、年収低いんだよねー」とかって言葉は、ちょっとやだ

——『明日、世界が滅びるかもなので、本日は帰りません。』のアキちゃんは28歳のOL。どうしてこういう年齢設定になったんですか。

ふせでぃ 自分と歳が近いほうが描きやすいんです。それと、同世代の恋愛に悩んでいる女の子たちから聞いた話や私自身の話がヒントになっているところもあって。この年齢を選びました。読んでくれる皆さんも同じようなことで悩んでるんじゃないかなーって。

 

——恋愛の悩みって、年齢によって変わってきますものね。

ふせでぃ ネットとかでアラサー女子の話とか見ると、恋人を選ぶのにスペックで判断する人がいて。「会ってごはん食べたりするにはいいけど、年収低いんだよね」とか言う人いるじゃないですか。そういうのやだなって思っていて。そういうことで恋人選ぶのってなんか違うよなと。

——それに対するアンサーのような気持ちで本作を描いたのでしょうか。

ふせでぃ そういうところはあります。「幸せはもっと身近にあるはずだよ」って。この作品ではそれを言いたかったんです。

——幸せにはいろんな形があると。その一例としてこのストーリーに?

ふせでぃ そうですね。書籍のあとがきにも書いたんですけど、たまたまこのお話は恋愛マンガになってますけど、本当は「幸せ=恋愛」とかってわけではなくて、精神的な意味で、自分の幸せってどこにあるのかを探すうえでの考え方の助けになるようなお話にしたかったんです。

——アキちゃんは彼氏なし。セフレの夏樹くんという存在はいるけど、恋人ではない。「彼氏ってどうやってつくればいいんだっけ…」というモノローグはアラサーならではの感じです。