昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「派遣社員、彼氏なし、忘れられない元カレ&身体だけの関係あり」OLの恋愛マンガに共感する女子たち

『明日、世界が滅びるかもなので、本日は帰りません。』作者インタビュー #2

2020/09/17

「派遣社員、彼氏なし、忘れられない元カレ&身体だけの関係あり」という女子を描いたマンガが、SNSを中心に「わかりみが深い」「めちゃくちゃ私で死にそう」など、若い女子たちから共感を集めている。

 なぜこの作品が、同世代の女子たちから熱い支持を受けるのか。

 インスタグラムのフォロワーが14万人を誇り、「文春オンライン」での連載が、このたび最終回を迎えた『明日、世界が滅びるかもなので、本日は帰りません。』の作者・ふせでぃ氏に聞いた。

(取材・文 粟生こずえ)

明日、世界が滅びるかもなので、毎日を大事にしたい

——タイトルはどんなふうに決めたんですか?

ふせでぃ 明日、世界が滅びるかもなので、本日は帰りません。』は、台風の日に生まれたフレーズなんですよ。去年の10月に個展をやってたんですが、大型の台風が来ちゃって、帰らないとやばい、という話で個展を早じまいすることになって。その日、この本の担当さんが会場にたどり着いた時に見た、一番大きなイラストに書いてあった言葉がもともとの言葉なんですよ。

2019年に行われた個展の様子。一番下に「明日世界が終わる可能性があるので本日は帰りません。」というコメントのついたイラストがある。

ふせでぃ あの時は……「こんな状況だし、今日はもう遊んじゃおう」というテンションで書いたんですよ。でも、最終的にこれをタイトルにする決め手になったのはコロナです。

——状況的にぴったりな言葉ですね。

ふせでぃ コロナで街に出られなくなってしまって……、いつこの状況が収束するかわからなくて後悔したんです。もっと遊んでおけばよかったって。好きなバンドのライブに行っておけばよかった。友だちと「ごはん行こうね」とか約束してたのも、それっきりになってしまうかもしれない。こういうことって本当にあるんだと実感しました。『明日、世界が滅びるかもなので、本日は帰りません。』は今の気持ちにも、ストーリーにも合っているし。

——この作品では「タイミングを自分で選択する」ことが大きなテーマですしね。

ふせでぃ 「帰りません」という宣言は自分の意思。自分の意思で積極的に今日という日を選んでいこうよと。