昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「医者」と聞くと男性を想像してしまう…自覚できない“無意識”はなぜ現れるのか

 
 

 医者、教授、アナウンサー、俳優、バンド。

 こうした言葉を聞いて、皆さんはどんな人々を想像しますか?もしくは、結婚、カップルと聞いたときはどんな人々を想像するでしょうか?

 特に意識していなかったとしても、医者と聞いて女性のお医者さんを想像すること、カップルと聞いて同性のカップルを想像することは少ないのではないかと思います。

 なぜならこの社会でまだまだ「医者(教授、アナウンサーなどなど)は男性の職業」、「愛し合うのは異性のカップル」と言う想定がスタンダードだから。私たちが日頃何気なく使う言葉にも、様々な社会の構造が現れてきます。

 今回は、そんな言葉のなかに現れる社会の構造とその影響について漫画にしてみました。