昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「伊勢谷容疑者と長澤さんの交際が初めにスクープされたのは2013年3月の『スポーツ報知』でした。特番ドラマ『女信長』(フジテレビ系)の共演をきっかけに交際へと発展したようです。同年10月には『週刊文春』が2人の同棲を報じましたが、くっついたり離れたりを繰り返した挙句、14年に伊勢谷が長澤にモノを投げつけたり、暴言を吐いたりしたことなどが原因で破局してしまった」(芸能記者)

「初めまして。長澤まさみです」

 交際報道が出る前から、伊勢谷容疑者は長澤を連れてパーティーに参加していたとA子さんは語る。

「このパーティーは、さっきお話した一軒家ではなく、伊勢谷さん自身が経営に関わっているバーを関係者だけで貸し切って行われました。バーと言っても、こじんまりした感じではなく中はかなり広くて、細部までお洒落が行き届いている。伊勢谷さんと交流がある映画やアパレル関係者が30人ほど集まりました。参加者何人かがグループになって、ワイワイと立食をしている所に、伊勢谷さんがワイングラスを片手に、挨拶回りをしにきたんです。伊勢谷さんがパーティ参加へのお礼を私たちに述べた後、横に連れていた女性が、『初めまして。長澤まさみです』と笑顔で挨拶をしてくれて。え、長澤まさみって、あの長澤まさみ?って、びっくりしました」

長澤まさみ ©文藝春秋

 長澤さんは、カジュアルな服装で芸能人ぶるわけでもなく、すごく感じがよかったのを覚えています。私がそのパーティーに参加した当時は、長澤さんと交際してすぐの時だったようで、まだ2人の交際が公になっていなかった時でした。彼を立てていたのか、長澤さんは積極的に話す感じではなく、一歩下がって彼の話を静かに『うん、うん』と聞いていました。ただ、長澤さんは周りに知り合いがいなかったようで、伊勢谷さんが長澤さんを差し置いて色んな人に熱く語っていたので、長澤さんはポツンと孤立してしまって、少し退屈そうにも見えました」

伊勢谷容疑者が自宅の内部を公開したYouTube

「付き合いのため」パーティーに参加していたというA子さんだが、パーティーでは伊勢谷容疑者が周りから煙たがられる一面もあったという。