昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「伊勢谷さんはよく難しい話をしたがる人で。パーティーの途中で、『みんな集まってください』と突然仕切り出して、『人類とはこうあるべきである』『宇宙とは……』とかなりスケールの大きい話をよくしていました。でも、突然のことにあまり話についていけず、ポカンとしている人も多かったです。よくパーティーに参加している人たちは『またか……』という感じでほとんど聞いていませんでした。熱弁を振るっている時の伊勢谷さんは、目力が強く、目をギラギラと輝かせていたのをよく覚えています」(同前)

伊勢谷容疑者 ⒸAFLO

パーティーでも薬をやっていたのかも

 伊勢谷容疑者が逮捕されたことには「特に驚きはなかった」とA子さんは漏らす。

「当時から伊勢谷さんが、薬をやっているという噂は耳にしていました。一線を引いて、交流を続けさせていただいていたのですが、まさか本当に逮捕されてしまうとは……。目の前で実際に薬をやっているのは、見かけませんでしたが、今思うと、そのパーティーでも薬をやっていたのかもしれない。そう思うと少し恐怖を感じますね……」

伊勢谷容疑者が移送された湾岸署前に集まった報道陣 ©文藝春秋

 20年前から薬物使用疑惑が囁かれていた伊勢谷容疑者。今回の逮捕をきっかけに捜査の手は広がっていくであろう。

この記事の写真(32枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー