昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/09/25

source : ノンフィクション出版

genre : ニュース, 芸能, 国際, 政治

42歳で亡くなったドナルドの兄

 フレッド2世はドナルド・トランプの8歳年上、5人兄弟の長男で、父フレッドの名を授けられた。父フレッドは12歳で父親をスペイン風邪で失い、高校に通いながら自分でボロ家を修繕して転売する仕事を始めて、一代で不動産帝国を築き上げた叩き上げだった。長男に、家業を継がせるため、ビジネス大学の名門、ウォートン校に進学するよう命じたが、合格できず、別の名門校リーハイ大学に進学した。実はフレッド2世はビジネスに興味がなかった。飛行機のパイロットになりたかったのだ。

 既に自家用飛行機を乗りこなしていたフレッド2世は、1964年、TWA(富豪ハワード・ヒューズの航空会社)のパイロット候補生になった。その進路にトランプ一族は反対し続け、激しくプレッシャーをかけた。板挟みになったフレッド2世は酒に溺れ、それが原因でTWAをクビになった。

©iStock.com

 フレッド2世はトランプ一族の事業に参加したが、挫かれた夢からは立ち直れず、ますますアルコールに依存し、離婚する。

 そんな兄を、弟ドナルドは激しく批判し続けた。父が望むとおり、ウォートン校に入り、父の仕事を手伝い、父に気に入られ、不動産帝国の後継者になった。まるで映画『ゴッドファーザー』の三男マイケルが、気の弱い兄フレドを押しのけて、父のマフィア帝国を継いだように。

 マイケルは兄フレドを殺したが、ドナルドの兄フレッド2世はアルコールで体を壊し、42歳で亡くなった。だが、ドナルド自身が「私と父が兄を追いつめたせいだ」と、珍しく後悔している。トランプが決して酒を口にしないのは、兄の悲劇を見たからだという。

z