昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

役が決まって「『どっひぇぇぇ?!』と驚いてしまいました」 自然体声優・土田玲央の挑戦

TVアニメ「池袋ウエストゲートパーク」インタビュー#3――キョウイチ役・土田玲央

 TVアニメ「池袋ウエストゲートパーク」メインキャストインタビュー。最後に登場するのは池袋でGボーイズに対抗する組織レッドエンジェルスのリーダーとしてマコトとタカシの前に現れるキョウイチ役の土田玲央さん。

 キョウイチにも通じる独特のセンスと空気感を持った土田さんの素顔とは。(全3回の3回目。#1#2を読む)

 

最高のクリスマスプレゼント

――公式HPのキャスト決定コメントで、キョウイチ役に決定されたとき「どっひぇええ?!」とリアクションしたとありますが……。

 確か去年のクリスマスにマネージャーさんから「受かったよ」って言われたんです。そのときに「どっひぇぇぇ?!」と驚いてしまいました。最高のクリスマスプレゼントでしたね。

――北海道ご出身と伺いましたが、声優のお仕事がはじまってから東京に来られたのでしょうか。

 そうですね、18歳のときに専門学校で声優やお芝居について学ぶために上京してきました。それまで東京のことは何も知らなくて、唯一知っていることといえば姉の持っていた少女漫画で渋谷のギャルと池袋のギャルが戦っているっていう物語があって(笑)。

――「池袋ウエストゲートパーク」っぽいですね(笑)。

 バトルというほどは戦ったりはしないのですが。そのため、池袋は渋谷に並ぶギャルの街だと思っていたのですが、いざ来てみたら、オタクの方々が多く集まる街という印象に変わりました。

 

――キョウイチは実は原作では1巻の最後のエピソードにしか登場しない人物で、アニメではオリジナルな部分が多いキャラです。

 キングのタカシと対になる、もうひとりのカリスマとして独特の空気感を出していけたらと思っています。