昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《「座間9人殺害」初公判》白石被告が拘置所面会で語った“遺体処理”「首から上は、大変なんですよ」

2020/09/30

genre : ニュース, 社会

 9月30日、「座間9人連続殺害事件」で強盗・強制性交殺人罪などに問われた白石隆浩被告(29)の初公判が東京地裁立川支部で行われる。

 2017年8月からの約2カ月間に、SNSで自殺に関する投稿をした当時15~26歳の男女9人を誘い出して殺害し、自宅で遺体を解体。遺体の大部分は遺棄されていたが、頭部などは自宅のクーラーボックスから発見された。

白石被告 ©文藝春秋

 この世間を震撼させた凶悪事件の加害者である白石被告は一体どんな人物で、如何にして犯行に及んだのか——。

 ノンフィクションライターの小野一光氏は、立川拘置所(東京都立川市)で白石被告と11回に渡って面会し、その対面記録を「週刊実話」(日本ジャーナル出版)に連載している。本記事では同誌2020年9月10日号に掲載された連載第4回から抜粋する。

※本稿にはショッキングな表現が多出します。ご注意下さい。

 ◆◆◆

「最近、カップヌードル・ミニに七味(唐辛子)を入れて、辛いラーメンにして食べてるんですよ。ただ、お湯が支給される時間って決まってるので、待ちきれなくて、“水ヌードル”も始めました」

 7月22日の4回目の面会は、白石隆浩の“マイブーム”の話で始まった。彼は「食事がストレス解消なんです」と語る。

「昼とかに“当たり”があるんですよね。麺類が好きなんですけど、天ぷらそばとかが出ることがあるんですよ。自弁(個人で購入する弁当)にしちゃうと、それが潰れてしまう(食事が出ない)んで、もったいないんですよね」

 ちなみに、食事の他には絵を描いたり、写経をすることも、ストレス解消法だという。

「なにもしていないと、時間が経つのが遅いんです。絵とかに集中すると、時間がすぎるのが早いから…」

不思議なくらい、事件についての夢は見ない

 時間潰しの手段として睡眠を連想した私は、唐突に「夜に寝てて、夢とか見る?」と尋ねた。

「夢はめっちゃ見ますね。今朝見たのは、××(白石が社員だったスーパーマーケットチェーン)の総菜コーナーで、バイトをしてる夢でした。商品に値引きシールを貼ってるんです」

「事件についての夢とかは、見たりしないんだ」

「そうですね。不思議なくらい、事件についての夢は見ないですねえ」

 嘘をついたり、虚勢を張っている表情ではない。本当に見ていないのだろう。

 前回の面会終了の直前、白石は殺害した9人の遺体を部屋で保管した際の臭いについて、消臭方法を次回に話すと口にしていた。そこで私は話を持ち出す。