昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“元祖スキャンダル芸人”さらば青春の光が告白「渡部バッシングのポイントは、ブランチと佐々木希」

2020/10/04

 2020年の「好きな芸人ランキング」は、アンジャッシュの渡部建の不倫騒動をはじめとしたこの1年のスキャンダルが順位に大きく影響した。そんな波乱のランキングの中で、圏外から一気に35位にランクインしたのが、過去の不倫スキャンダルから這い上がってきた「さらば青春の光」だ。

「キングオブコント」では史上最多となる6度の決勝進出を果たし、テレビ出演だけでなく毎年単独ライブツアーを開催するなど精力的な活動を続ける2人だが、7年前に大手事務所・松竹芸能を退所。大阪から上京して間もなく、2013年に東ブクロさんに先輩芸人の妻との不倫スキャンダルが発覚している。仕事は激減し、窮地に追い込まれたというピンチを、2人はどのように乗り越えたのか――。(全2回の2回目。前編を読む)

「さらば青春の光」の森田哲矢(左)と東ブクロ ©文藝春秋

◆◆◆

「元祖・渡部」とまで言われて……

――お笑い界で森田さんの“ゴシップ好き”は有名です。最近話題になったスキャンダルと言えばアンジャッシュ・渡部建さんの不倫でした。過去に不倫トラブルで苦渋を舐めたお二人は、どのようにご覧になっていましたか?

森田哲矢(以下、森田) シンプルに、好感度は上げすぎたらあかんなって。『王様のブランチ』(TBS系)みたいな番組をやって、しかも奥さんが佐々木希さん。すべてはそこやと思いますね。昔よりやっかみというか、嫉妬心みたいなのは強いですから。

――今後、復帰はどうなるんでしょうか。

森田 どうなんですか、ブクロさん。戻れそうですか?

東ブクロ なんで俺に(笑)。それは戻られるでしょ。僕も、いまだに「元祖・渡部」みたいなこと言われるんですよ。

渡部健のアンジャッシュは42位だった ©文藝春秋

森田 先輩として「こっちで待ってるぜ」って言っておけや。

東ブクロ いやいや、またちゃうから。俺のとは。ただ、そういう批判の声が、いまはSNSで広がりやすくなったんですよね。だって僕の周りの同級生とかみてると、芸人よりも一般の人の方が不倫してるヤツ多いし 、ホンマに。

森田 なんですか、それは。不倫を助長するつもりですか?

東ブクロ いやいや(笑)。そういう世間の実情があるのに……。

森田 「不倫は文化」だって言いたいんですか? 

東ブクロ そんなややこしいこと言わない。芸人とか名の知れてる方が叩かれてるなってだけで。

森田 あ、よく見たら今日靴下も履いてないし、趣味はゴルフだし。

東ブクロ 別に「石田(純一)さんの後を継ぐ」みたいなんじゃないよ。単純に世間の声が大きくなったってことでしょうね。