昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019年M-1・全員インタビュー なぜ“神回”になったか

ぺこぱシュウペイが語るM-1舞台裏「じつは決勝前にミルクボーイが1位だなって予想してた」

漫才師・ぺこぱ インタビュー#1

2020/06/14

「過去最高って言ってもいいのかもしれないですね。数年前なら誰が出ても優勝していたんじゃないか、というレベルの高さでした」

 大会の締めに審査員のダウンタウン松本人志がこう語るほど、2019年のM-1は沸いた。では何がこの“神回”を作ったのか。出場した漫才師たちのインタビューから、その答えに迫っていく。

 衝撃の「ノリツッコまないボケ」で“まさかの大逆転劇”を演じたぺこぱ。10番目まで出番を待ち続けた彼らは、決勝当日何を感じていたのだろうか? (全4回の1回目/#2#3#4へ)

ぺこぱのシュウペイ(左、ボケ担当)と松陰寺太勇(ツッコミ担当)

◆◆◆

「インディアンスの後はやりにくいな……」

――M-1決勝、ラスト出番の10番目でした。待つの、疲れませんでしたか?

松陰寺 正直、めちゃくちゃ疲れました。本番前、僕らの師匠でもある事務所の先輩のTAIGAさんに呼び出されて、「賞レースで失敗しないためのノウハウを教える飲み会」を開催してもらったんです。その席で、2つのことを言われて。1つは「爪痕をちょっとでも残せればいいやみたいな弱気な思考は捨てろ」と。絶対、優勝するつもりで行けと言われました。もう1つは「何番目でも前向きに行けるよう常に準備をしとけ」と。なので、何番目がいいとか考えずに、来たところで行くぞと思ってました。クジが引かれるたび、相方に「よし、次、行くぞ」って声をかけて、よし来い、よし来いって待ってたんです。結局、それをトータルで9回やったんで……。

 

――最後、インディアンスとぺこぱの2組が残りましたけど、タイプ的にインディアンスの後がいいと言う人もいるし、やりにくいという人もいますが。

松陰寺 僕はやりにくいなと思ってましたね。めちゃくちゃウケているのを何度も見てるので。だから、先に来いって思ってました。

――9組目のときは、ラグビー日本代表の稲垣(啓太)選手が笑神籤(えみくじ)を引いていたのですが、名前が書いてある棒を落としかけて。テレビだと「ンス」と最後の2文字が見えていました。あれはモニターでもわかったのですか?

松陰寺 いや、僕には、その「ンス」が「こぱ」に見えて。もう立ち上がって、いく準備もしていましたから。そうしたら、あれっ……と。ラストかと、力が抜けちゃいました。

「うわー、最後か……」

――演者の方々の多くが本気で笑神籤はヤラセなのではないかと疑っていたようですが、お2人も疑っていましたか。