昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2019年M-1・全員インタビュー なぜ“神回”になったか

すゑひろがりずが振り返るM-1「かまいたちさん、和牛さんの後は僕らに行かせてと思えたワケ」

漫才師・すゑひろがりずインタビュー#1

2020/02/16

「過去最高って言ってもいいのかもしれないですね。数年前なら誰が出ても優勝していたんじゃないか、というレベルの高さでした」

 大会の締めに審査員のダウンタウン松本人志がこう語るほど、2019年のM-1は沸いた。では何がこの“神回”を作ったのか。出場した漫才師たちのインタビューから、その答えに迫っていく。

 最初に証言してくれたのは「すゑひろがりず」。和服姿で鼓を使い、能や狂言を取り入れた漫才で大きなインパクトを残した。ただ、すゑひろがりずが登場したのは、2番手かまいたち、3番手和牛(敗者復活枠)が高得点を出した直後。

「大会のピークが過ぎた……」と他の芸人が思うなか、彼らだけが「この4番目で出させてくれ」と思っていた理由とは――? (全3回の1回目/#2#3へ)

すゑひろがりずの南條庄助さん(左、ツッコミ&小鼓担当)と三島達矢さん(右、ボケ&扇子担当)

◆◆◆

「かまいたちさん、和牛さんのあとは焼け野原でした」

――出番順については当初、どのように考えてたんですか?

南條 なんならトップでもいいぞ、って。

三島 準々決勝、準決勝と、比較的早い出番で、そこまでの重い空気を変えられたというイメージがあったんで、できれば序盤、僕らがドーンと火ぃつけたみたいな空気を出せればいいなと思っていました。

――ところが、その目論見は物の見事に外れてしまいました。

三島 4番手と早い出番でしたけど、直前の和牛さん、その前のかまいたちさんと死ぬほどウケていましたからね。火ぃつけるどころか、すでに焼け野原でした(笑)。

「番組のピークちゃうか」和牛の敗者復活発表

――かまいたちが2番手で660点という高得点を出したときは、どう思いましたか?

三島 優勝やろ、って。

南條 後ろで出番を待っていた何人かが「もう、優勝やん」って言ってましたね。これ、優勝するやつ(流れ)や、みたいな。

――そして、3番手で注目の「敗者復活」のクジが出て、復活組発表では大方の予想通り、和牛が選ばれました。

南條 和牛さんって発表された瞬間、スタジオの歓声が異常やったんです。揺れるぐらい。後ろの連中は、今、番組のピークちゃうかみたいな。

敗者復活で和牛が発表されたとき、スタジオのお客さんの興奮も異常だったという ©M-1グランプリ事務局

――その和牛は期待に違わぬハイレベルなネタを披露し、かまいたちに次ぐ652点を叩き出したわけですよね。

三島 もう番組が終わった感がありましたね。本命、全部出てもうた、と。この後、どないすんねんって。ほとんどが初出場組だったので、誰も興味持ってくれないんじゃないかなみたいな。

南條 これ、エンディング? って感じですよ。ここでエンドロール入っても誰も怒らんやろって。裏でみんな苦笑いしてました。

――この後、出て行くコンビは大変ですよね。どうしたって比べられてしまいますからね。

三島 でも「もうここは行かしてくれ」と思ってましたね。

――「焼け野原」なのに?