昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2016年M-1王者・銀シャリが語るミルクボーイ「ツッコミ内海の“間”がエグい」

漫才師・銀シャリインタビュー#1

2019/12/31

 2016年、3回目の決勝進出でM-1王者になった銀シャリ。和牛、スーパーマラドーナとの戦いを制した“王道漫才コンビ”は、毎年M-1の季節になると「もし今年も出ていたら……」とシミュレーションするという。

 そんな2人は“史上最高得点王者”ミルクボーイをどう見たのだろうか。(全3回の1回目/#2#3へ)

銀シャリの鰻和弘さん(左)と橋本直さん

◆◆◆

「僕らはどこかで完璧なM-1優勝だと思ってない」

――2016年にM-1王者となった後も毎年、「エアM-1」を開催しているとのお話ですが、今年もやられたのですか。

橋本 やりましたよ。1本目は、作り込んだ感じのものではなく、今、初めてこの場でしゃべっているような、どフリーな感じのネタです。

――なぜ、エアM-1をやるようになったのでしょう。

橋本 どこかで完璧な優勝だと思ってないからでしょうね。まだまだやと。

 僕らと、スーパーマラドーナと、和牛が最終決戦に残って、三つ巴になったんで。5人の審査員のうち、3人は僕らに入れてくれたんですけど、スーマラも和牛も1票ずつ獲得しているんです。

橋本 全員が僕らのことを認めてくれたわけやない。だから、チャンピオンたるもの、いつ出ても恥ずかしくないような状態にしておかなきゃならん、と。もう出られんのですけど、それくらいの気持ちでいないと僕らはダメやと思うんです。

 

「ミルクボーイが好き過ぎて、モノマネやってました」

――今年のエアM‐1は優勝されたんですか?

橋本 いや、今年はミルクボーイに完敗でしたね。さすがに、あれには勝てん。

鰻 最終決戦までは残ったけどな。

――吉本のコンビなので、当然、何度か観たことはあったんですよね。