昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「和牛が『好きな芸人』2位なのは、テレビCMと熱烈ファンのおかげ」さらば青春の光(同35位)がぶっちゃけた!

2020/10/04

「お笑い第7世代」EXIT、ぺこぱがトップ5入りし、サンドウィッチマンがV3を達成したことで話題を呼んだ2020年の「好きな芸人ランキング」。今回のランキングで、前回圏外から一気に35位にランクインしたのが「さらば青春の光」だ。

「第7世代」の少し上、“6.5世代”とされる2人は、2013年に大手事務所から飛び出して個人事務所を設立。東ブクロの不倫スキャンダルなどを乗り越えて、いまやテレビや舞台への出演にとどまらず、YouTubeでの番組も好評だ。果たして芸人本人は、このランキングをどのように受け止めているのか。さらに「第7世代」に対する思い、事務所を独立後の苦労などを語ってもらった。(全2回の1回目。後編を読む)

「さらば青春の光」の東ブクロ(左)と森田哲矢 ©文藝春秋

◆◆◆

上から目線のコメントだと思ったら…

——今回の「好きな芸人ランキング」で、さらば青春の光は前回圏外から35位にランクインしています。この結果をご覧になっていかがですか?

森田哲矢(以下、森田) 実感はないんですけど、僕らがナイナイ(ナインティナイン)さんと35位タイというのがすごいな。でもまぁ、ナイナイさんはラジオの“あの件”があったからか(笑)。

東ブクロ 僕らの中で、去年となにが変わったっていうのもないんでね。でも、こういうランキングに名前が載ること自体がありがたいですね。だって、他のみなさんはお茶の間の人気者で、我々だけが浮いてる。

「さらば青春の光」の森田哲矢(左)と東ブクロ ©文藝春秋

 

森田 昨年に比べてテレビ、ラジオ、YouTubeとか、露出が増えたからじゃないですかね。いただいたコメントも本当にありがたいですね……「自然に笑える。もう少し評価されてもよいのでは」って妙に上からなコメントやなって思ったら「72歳・男」って(笑)。こういうところ評価して欲しいですね、年配の方も応援してくれているコンビだってことを。

東ブクロ 「2人の空気感とYouTubeが面白いから」ってコメントしてる15歳の女の子もいるんや。すごいな。

森田 けっこうYouTube見てくれてるってコメント多いですね。ここ数カ月で登録者も急激に増えて、再生回数とかも安定してきたんですよ。当初の目標だった事務所の家賃くらいは十分に稼げている。だから、YouTubeチャンネルにファンが付いてくれてるのかなっていう感じはあります。

東ブクロ 「テレビ見てます」っていうより、「YouTube見てます」って人が実際に増えてきてるんでね。