昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

初代ドラえもんと二代目バカボンパパの声は同じだった!……84歳で亡くなった声優・富田耕生さんの思い出

2020/10/13

 往年のハリウッドの名優、アーネスト・ボーグナインの吹き替え(アテレコ)などで有名な俳優・声優の富田耕生さんが去る9月27日に亡くなった。死因は脳卒中。享年84だった。

 富田耕生さんといえば、昭和42年生まれの筆者的には『マジンガーZ』(’72年)の宿敵・Dr.ヘル等のヒール役や、『ゲッターロボ』(’74年)の早乙女研究所所長・早乙女博士といった冷静沈着・頭脳明晰な博士役の名演技が鼓膜に蘇る。……にも拘らず、真っ先に脳裏に浮かぶのは、かのドラえもんの姿だ。

富田耕生さん(所属事務所サイトより)

大山のぶ代さんの二代前! 初代ドラえもんの声を演じる

 原作者の藤子・F・不二雄先生をして、大山のぶ代さんに「ドラえもんってああいう声をしていたんですね」と言わしめたというエピソードが語り継がれるほど、ドラえもんは大山のぶ代さんのハマり役となったが、じつは大山さんは二代目どころか三代目。テレビアニメ版『ドラえもん』の最初の声は、この富田耕生さんが演じていた。現役の水田わさびさんで四代目を数えるドラえもん役だが、知っている人には当たり前、知らない人にはやや驚きのトリビアだろう。

実は大山のぶ代さんは三代目だった。© 文藝春秋

 ただ、原作初期のドラえもんは、藤子・F先生自身、“おっさんキャラ”として描いている節があり、てんとう虫コミックス第1~6巻辺りまでの原作に慣れ親しんだ当時の子供たちにとっては、富田さんの声にそんなに違和感を覚えることはなかった。ここでもう少しだけ補足をさせていただくと、富田さんの後任の二代目ドラえもんの声は、かの野沢雅子さんに交替して視聴者はビックリ! 富田さんが演じている期間中も、『ドラえもん』と同時刻のフジテレビ系では『マジンガーZ』がオンエアされ、つまり富田さんは日曜日の夜7時から、国民的猫キャラと、ロボットアニメ史に残るラスボスを全く同時に演じていたことになる。これも何気にすごいことだろう。