昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/10/11

「最後の決断」をする前に

 例外はあるが、多くの場合、自殺は単独で行われる。つまり「一人の時」に最後の決断をしてしまうのだ。

「生きていくための健康な心のことを、専門用語で“自我機能”と呼びます。自我機能が正常であれば、『死ぬときは痛いだろうな』などと考えて、死に対して恐怖感を持つものですが、自殺する人は、少なくともその直前には自我機能が損なわれているのです。自我機能が損なわれる要因はいくつかあります。ただ、私が日々の診療で感じることとして、自我機能が単独で悪くなる要因は“孤独”だと思います」

 死と対峙しながらもこの記事を読んでくれたあなたへ。

 いま一番会いたい人に、電話でもLINEでも構わないから連絡をしてみてください。深夜だろうと早朝だろうと構いません。人の命がかかっている時に遠慮など無用です。

 もし思い浮かぶ人がいなければ、近くの心療内科を受診するか、予約を入れてください。予約を入れたら、その日の診療までは生きてください。

友人に連絡をとったり医師の予約をとったりして一人にならないことが大切 ©️iStock.com

 そうすることであなたが生きているべき理由、死ぬべきではない理由がきっと見えてくるはずです。

 あなたは必要とされています。

【悩みを抱えた時の相談窓口】
「日本いのちの電話」
▽ナビダイヤル「0570-783-556」午前10時~午後10時
▽フリーダイヤル「0120-783-556」毎日:午後4時~午後9時、毎月10日:午前8時~翌日午前8時

この記事の写真(6枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー