昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

広大なハルヒワールド、おススメの入り口は?

――「直観」で話題になって初めて興味を持った「ハルヒ」入門希望の人も多いと思うのですが、アニメや小説など、どこから入るのがオススメですか?

「1巻刊行から17年になるシリーズで、原作やアニメ・コミックはもちろんゲームや音楽で接点をもってくださる方も増えています。ただ入り口としておススメしたいのは、なんといっても小説『涼宮ハルヒの憂鬱』(1巻目)です。

シリーズ第1作「涼宮ハルヒの憂鬱」。すべてはここから始まった

 エンタメ小説の最高峰で、10代でもとても読みやすいと思います。もちろん、アニメも歴史に残る作品ですので、アニメから小説、小説からアニメと行ったり来たりすると、さらに『ドハマり』できると思います。ぜひ手近な入り口からハルヒの世界をのぞいてみてください」

「涼宮ハルヒの直観」は11月25日に発売される。「果報は寝て待て」……と言っていたら団長に怒られるだろうか。

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー