昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

2020/10/24

「そろそろ仕事に戻りますね」

 と言って、部屋を後にしようとする女将に、“叔父さん”へ取り次いで欲しいと再度、念を押したが、その様子から、それも叶わないのかもと思わざるを得なかった。

 やはり女将に売春のことを聞くのはマズかったか。そう落胆しながらひとりきりになった客室で、女将から聞いた話を取材ノートに書き留めていた。

 そんなとき、ふたたび女将が僕の部屋をノックした。その直後、落胆が高揚に変わった。取材を受けてもいいというのである。行政担当者であり、島の歴史を熟知しているというその“叔父さん”が。過去の事件取材で、これまで頑だった関係者が重い口を開いてくれたときのように気持ちが昂る瞬間だった。

島への交通手段である渡し船(著者提供)

“良からぬ場所”みたいなひどい言われ方をした

「島の歴史ですか……。渡鹿野という島は何で知りました? 何年くらい前に来られました?」

「8年くらい前です」

「それは何で知って来られました?」

「雑誌やインターネットです」

「ああ、要するに“夜の街”みたいな」

「そうです。言いにくいですが“売春島”として……」

店舗内に残っていた裏カジノの備品の無線機やレートの書かれたプレート(筆者提供)

「うん、“売春島”ってことだよねぇ。それはもう本当に有名になって、全国に広まって。やはり、その、三重県でも県内の“良からぬ場所”みたいなひどい言われ方をしたこともあるんだけど。まあ、そんなこと(売春)を『野放しにしているのか!』みたいな突き上げも警察に対してあったらしいし。そういう時代を経てるんだけど、もう、今は昨晩泊まって分かるように廃れましたね。まあ一部ね、ちょっと(売春が)残っている所もあるんだけどね」

 意外な反応に僕は、驚きを隠せなかった。恐縮し、言葉を選びながら売春のことを尋ねるも、名前を三橋恭平(仮名、60代)というその“叔父さん”は、かつて売春産業が盛んだったこと、のみならず、いまもそれが続いていることをあっさり認めたのである。

​ 10月24日(土)21時から放送の「文春オンラインTV」では、『売春島』著者の高木瑞穂氏が本書について詳しく解説する。

売春島~「最後の桃源郷」渡鹿野島ルポ~

高木 瑞穂

彩図社

2019年12月17日 発売

この記事の写真(19枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー