昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

特集女芸人の今

「ブームが去れば、作ればいい。順番こに人気者になればいい」山田邦子60歳が、後輩芸人に伝えたいこと

山田邦子さんインタビュー#3

2020/10/31

「そんなこと今まで言われたこともなかった」という山田邦子が初めて投げつけられた「ブス」という言葉。彼女にとってそれは怒りの対象でも自虐でもなく、「解放」だった。「男性」であることが当たり前の芸人界で、女性なら「美人」が当然の芸能界で、彼女は「ブス」を職業上の利点と捉えた。

 山田邦子が無自覚に作り出したそのシステムは、その後多くの女性芸人たちを励まし、スターダムに押し上げる。今、山田邦子が悩める女性芸人たちに思うこととは。(全3回の3回目/#1#2

山田邦子さん

◆ ◆ ◆

でも個性なんですよ、顔は

ーー当時あれだけの人気を得て、同性からの嫉妬はいかがでしたか。

山田 先輩の女性には、そういう人もいました。何が嫌いなのか、もうほんとに私のことが大嫌いなようで。苦労なさったんだと思います。私より上ですから、女だ、ブスだと、もっともっといじめれただろうし。もっともっと辛かったんだと思いますね。

 でも個性なんですよ、顔は。平均点なんかよりちょっと変な方がいいんじゃないでしょうかと、今は思う。よく松尾伴内に言うんですけど「よかったね、こんな顔で」って。「わかってます」だって(笑)

ーー今、顔のことばかり言われてうんざりしている女性芸人がいたり、一方で「『ブスいじり』はよくない」という認識に「私たちの武器を奪わないで欲しい」と思う女性芸人がいたり。どちらにせよ「ブスいじり」は人々の何かをざわつかせる行為になっているように感じます。

山田 そう……女性芸人たちはそんな悩みがあるんですね。でも、わざとブスに作ってる人もいますしね。もっときれいにできるのにキャラを作って。そこまでできるのは立派ですよね。

 まぁ……多分そういう葛藤からなにか自分が見つけるでしょう、きっとそういう時期なんじゃないですか。よく後輩が相談にきますよ。どうしたらいいか、みたいな。でも悩むということは成長してるということだから。その段階、段階で、悩みがきた時は、いっかい見つめ直す。その上にいく、今がその瞬間なんですよ。

 だから成長してると思いましょうと、私は言います。辛い時は自分もそう思ってきましたからね。

 

ーーそれこそ『ひょうきん族』などバラエティ番組によって、テレビでの芸人の地位が上がってきたのと同じかもしれません。いつも「デブ」とか「ブス」といじられる存在として視聴者を面白がらせてきた女性芸人も、変化を求められている。男女とか関係なく面白い人が売れる方がいいのではと。

山田 そうですよ。だって、研ナオコさんの、あの歌う時のなんとも言えないカッコよさ、色気。決してブスじゃないですよね。私ね「実力派」っていうのもわかんないのよね。「実力派歌手」とか、よく言うじゃないですか。