昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

流れ星・TAKIUE夫婦の「匂わせ合い離婚」に見る SNS時代の‟炎上合戦”の末に広がる荒野

ネット上で「エネルギー循環」は実現しているけれど……

2020/11/05

 先日、芸能界に怖いニュースが飛び込んできた。

 漫才コンビ『流れ星』のツッコミ・TAKIUE(旧芸名:瀧上伸一郎)が、10月14日、自身のブログで「カード不正利用」の被害にあったことを告白したのだ。

人気コンビ「流れ星」のTAKIUE ©時事通信社

「知らないカードの明細が来た。怖い。額的に50万位使われてる。腕時計とか買われてる」

 鬼気迫る内容である。クレジットカードの不正利用や情報流出が横行する世の中、「やはり芸能人も標的にされるのか」と流れ星ファンもおののいたことだろう。

 ブログはこう続く。

「元嫁にはカード情報は絶対に使用しないでと何回も言ってるし、向こうから縁切りたいみたいだから違うだろうし。」

 ここまで読んでふと気づく。なんだろう、この違和感。

 まるで「元嫁が勝手に使った」と匂わせているみたいである。

 元嫁とは、タレントの小林礼奈のことだ。2人は2016年3月にできちゃった婚をするも、今年10月1日に離婚した。

グラドルとして活躍した小林。『妄想激情~小林礼奈、攻めてますっ~』ではセクシーな姿も披露

 

 なぜTAKIUEは元妻の犯行であるかのように、わざわざブログで匂わせたのか。小林のブログを覗いてみると、前日のブログで家賃滞納を告白(現在、その投稿は削除)。離婚後、生活費に困窮していることを匂わせていた。

 こうなると、カードを不正利用したのは小林では、と邪推するのが人間のサガである。TAKIUEは「腕時計とか買われてる」としているが、数日前、小林のブログでは、自分へのご褒美に腕時計を買ったと投稿をしている。

双方がブログで展開した「匂わせ騒動」

 一体犯人は誰なのか、本当に小林なのか――。一部ファンが注目する中、TAKIUEは15日に「カード不正利用の犯人」というタイトルで、これまた思わせぶりな記事を更新。

 本文にはこう書かれている。

「カード不正利用の犯人、特定しました。これから全額請求します。」

 さらに続く投稿で、「言えない事、言わない事、まだ本当は沢山あります。色々な事情で言えません。ご了承ください」とのお言葉が。それ以降、本件についての投稿はない。犯人を吊るし上げるのでは……というファンの恐怖はひとまず落ち着いた格好になった。

 一方の小林は、15日のブログでは、「泥棒 犯罪者」というコメントが来たと報告。

「こうなる事分かっててやってるよね。消してるけど 死ねとかそういうヤバイコメントとか誹謗中傷が鳴り止まない。」

「わざと。計画的わざと。」

 これは……元夫へのメッセージなのか。なんとも意味深である。結局、カード不正事件の真相は公表されないまま闇の中に葬り去られてしまった。