昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

コンシェルジュ付きタワマンを突破したのは「少年強盗団」 セクシー女優・里美ゆりあはいかにして自宅を割られたのか?

2020/11/03

 もはやコンシェルジュ付きのタワーマンションですら安全とはいえない時代が来てしまった。警視庁目黒署は、AV女優の里美ゆりあさん(35)の自宅に押し入って現金600万円を奪ったとして、少年強盗団を逮捕した。里美さんの自宅と認識しての犯行だったという。いかにして少年らは里美さんの自宅を割り出し、セキュリティーを突破したのか。

宅配業者になりすました2人組の強盗

 宅配業者から段ボールを受け取り、サインをする。そんな日常の風景は一瞬にして命の危険すら感じるやり取りへと変わった。

 10月26日午前10時半ごろ、東京都目黒区のタワーマンションのインターホンが鳴った。宅配業者の格好をした男に里美さんは何の疑問も感じず、オートロックを解除。なかに入ってきたのは1人ではなく2人で、強盗だった。

被害に遭った状況を話す、女優の里美ゆりあ

「1億円脱税してたよね?」

 少年はそう言いながら部屋に押し入り、逃げようとする里美さんを押さえつけ、ひじやひざにけがをさせたという。

「俺らはとにかく1億円だけ持って帰りたいんだ」

 里美さんは2014年、国税局から7年間で2億数千万円の所得の確定申告を行っていないと指摘され、1億円超の追徴課税を課されたことがあり、本人もその経緯を著作として公表している。が、それも過去の話。それでも少年らはクローゼットなどの物色を続け、現金600万円を見つけ、去って行ったという。

「狙おうと思えばいくらでも狙えちゃう。ほんと怖い世の中ですねとしかいいようがない。どうやって自分の身を守ればいいんだろう」

 里美さんは、YouTubeでそう振り返った。