昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「ヘソから下に人格はない」野村克也の語られざる球界タブー《サッチー不倫・チーム私物化》ついに雪解け

2020/11/05

南海歴史館には野村の「の」の字もない

「野村さんは今でこそ社会的に認められた名将ですが、私個人としては王貞治さん、長嶋茂雄さんらと並ぶスーパースターでした。その野村さんが一番輝いていたのが南海時代。それにもかかわらず、ご厚意で作っていただいた南海の歴史館には野村の『の』の字もない。これはおかしいんじゃないかと思い、大阪球場のあった難波の地に野村さんを帰らせてあげたい。その思いから、今回のプロジェクトを実現させていくことになりました」 

野村克也と王貞治(1965年) Ⓒ文藝春秋

 11月4日の会見で野球評論家の江本孟紀氏はこう語った。球界のレジェンドである野村克也氏の遺品が、大阪府浪速区の大阪球場の跡地に建てられた商業施設・なんばパークスにある「南海ホークスメモリアルギャラリー」に展示されることが正式に決まったことを伝える記者会見で、プロジェクトの発起人である江本氏が今回の展示の「意義」を強調したのだ。

4日の会見。左から左から南海電気鉄道株式会社執行委員の和田真治氏と江本孟紀氏とサンケイスポーツ代表の吉川達郎氏

 南海ホークスで戦後初の三冠王に輝き、南海、ヤクルト、阪神、楽天で監督を務め、今年2月11日に84歳で亡くなった野村氏。南海球団の歴史上最高の打者だが、野村氏に関する展示は、これまでメモリアルギャラリーでは一切行われてこなかった。文字通り、「南海の歴史館には野村の『の』の字もなかった」のだが、果たしてなぜ野村氏は今日まで「南海の歴史」から抹殺されてしまったのか。そこには野村氏と南海との間で、長年にわたって解決できなかった「因縁の事件」があった——。

 話は今から50年前の1970年夏までさかのぼる。

 この年、野村は南海ホークスの選手兼任監督に就任して1年目。東映フライヤーズとナイトゲームがあるため、原宿の宿舎に入った後、14時過ぎにマネージャーと2人で近くにあった「皇家飯店」という中華料理店に入った。野村がテーブルに腰を下ろしたとき、店内はマネージャーと2人だけだったが、ほどなくして日焼けした顔の、店の常連らしき女性が1人で入ってきた。すると店のおかみさんが、「監督、これも何かの縁だから」、そう言って、女性を紹介してくれた。それがのちに野村と再婚し、強烈なキャラクターでお茶の間に「サッチー」の愛称で知られることになる沙知代だった。

野村克也 ©️文藝春秋

 沙知代の第一印象を野村は「自分の考えを持った、しっかりした女性だな」と感じた。沙知代は野村がプロ野球の大スターであることをまったく知らず、日焼けした顔の野村が「雨が降ったら休まなければならない仕事です」と言ったことから、「建設現場で働いている人」だと思っていた。野村はそんな沙知代に好感をもった。このときの対面を機に、2人は急速に接近していく。野村35歳、沙知代38歳のときである。

南海ホークス時代の野村克也(1965年) 

社長令嬢の妻との夫婦生活はわずか数年で破綻

 だが、沙知代と知り合った頃の野村は既に結婚していた。当時のプロ野球選手は、社長令嬢と結婚することが一種のステータスとなっていた。プロ野球選手は現役時代こそ華やかだが、引退してしまえば何一つ生活の保障がない。先行き不安定な生活に将来の安全を、と考えた野村自身も、周囲に勧められるまま、26歳のときに社長令嬢と結婚した。

 だが、貧しい環境で育った野村と、裕福な環境で育った妻とは、何もかもが合わなかった。夫婦生活はわずか数年で破綻し、別居状態に。また、選手兼任監督に就任したものの、チームの状況も芳しくなく、選手を掌握し統率するのに暗中模索の日々が続いていた。

 野村は公私ともにフラストレーションがたまっていた中、沙知代と知り合ったのだ。心身ともに愛情に飢えていたところに、沙知代の存在に救われた思いがした。マイナス思考の野村にとって、プラス思考の彼女の言葉に幾度も救われた。

野村沙知代(1999年) ©️文藝春秋

 1972年、野村が恩人と慕う川勝傳南海ホークスオーナーに沙知代との関係を報告した。69年に南海が球団創設以来初となる最下位になった時に川勝オーナーが「他に人材がいない。無理を承知で頼む」と野村に頭を下げて、選手兼任監督を誕生させた経緯もあり、野村と川勝との間には、信頼関係が築かれていたのはまぎれもない事実だ。しかし、野村と沙知代の「不倫」は社会的には決して許される話ではない。