昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「彼はアル中だと思う」「お酒を本当にやめてほしい」

「きっかけは、酔った宮崎さんが菜月を侮辱するような言葉を吐いたこと。それをお姉さんが注意したことが宮崎さんの癇に障り、彼が激高したといいます。宮崎さんは酒を飲むと人が変わってしまうそうです。菜月も『彼はアル中だと思う』『お酒を本当にやめてほしい』と以前から悩んでいた。この日も大荒れで、見かねた店員が110番通報したようです」

 駆けつけた警察になだめられ、名古屋市内のホテルに戻った宮崎と深瀬。酔っておさまりがつかない宮崎は、今度は深瀬と口論になった。

深瀬のLINE画面

「以前から、酔って迷惑をかけることはしないと約束をしていたのに、結局こうなってしまった。菜月が酒癖の悪さを指摘したことが再び彼を怒らせた。彼はふて腐れて『東京に帰る』と部屋を飛び出そうとしたそうです。そこで菜月は彼を外にださないように彼の財布を取りあげようとした。『放せ』『やめろ』って、このときに揉み合いになり、髪が抜けたのですが、意図的な暴力があったわけではなく、髪は『つままれた』『掴まれた』だけだったと菜月は言っていました」(A子さんの発言に対し、宮崎の弁護士は「髪の毛は自然と生活のなかで落ちたもので、被害女性からも『つままれた』『掴まれた』とは聞いていない」と述べた)

宮崎が連れていかれた愛知県中警察署 ©文藝春秋 撮影・細尾直人

まさか逮捕されるとは微塵も思っていなかった

 それでも、宮崎はホテルを飛び出していった。心配した深瀬がとった行動は110番通報をすることだった。すぐに、宮崎は警察に発見され、宮崎の身柄は警察署に連れていかれた。A子さんが続ける。

「暴力とかはないです」と否定していた深瀬 本人インスタグラムより

「飲食店でのトラブルのとき、菜月は警察から『何か小さなことでも困ったら相談ください』と言われており、藁にもすがるつもりで通報したそうです。その後、菜月は駆け付けた警察から彼を保護したことをホテルで聞かされた。その際にホテルの部屋に落ちていた髪の毛や部屋が多少荒れていたことを指摘されたそうです。『正直に話してください』『被害届を出すかどうかもあなたが決められるから』と言われ、私に話したと同じようなことを話したと聞いています。その時も『暴力とかはないです』って否定していたから、まさか菜月も宮崎さんが逮捕されるなんて微塵も思っていなかったそうです」