昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

『サマーウォーズ』の細田守監督が手がけた『おジャ魔女どれみ』のエピソードが切なすぎる

ゲスト声優は原田知世!「どれみと魔女をやめた魔女」

2020/11/12

 11月12日(木)より、人気アニメ『おジャ魔女どれみ』のキャラクターブック『おジャ魔女どれみ OFFICIAL CHARACTER BOOK どれみ&おんぷ大全』が発売される。

11月12日より発売された『おジャ魔女どれみ OFFICIAL CHARACTER BOOK どれみ&おんぷ大全』。

『おジャ魔女どれみ』の名作・傑作は数多くあるが、中でも「どれみと魔女をやめた魔女」の評価は突出しているのではないか。実はこのエピソードは、『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』で名高い細田守監督が手がけていた。

「最近のTVアニメは傑作が生まれにくい」

 以前、東映アニメーションの清水慎治プロデューサー(現在は顧問)にお話を伺ったときのこと。「最近のテレビアニメは、作画も内容も毎回、平均値以上で素晴らしいんだけど、それだけに『これは!』っていう名作・傑作が生まれにくくなっちゃったね」と語られたことが印象に残った。清水Pは『ゲゲゲの鬼太郎(第4期)』(’96年)や、『金田一少年の事件簿』(’96年)などの企画・プロデュースを手がけた東映アニメーション歴代の名プロデューサーのおひとり。

 そのときは『ゲゲゲの鬼太郎(第4期)』についてインタビューさせて頂いたのだが、その名作・傑作の例として『鬼太郎(第4期)』の第94話「鬼太郎魚と置いてけ堀」と第113話「鬼太郎対三匹の刺客!」を挙げられた(もちろん「他にも傑作はあるんだけど」と前置きをされてからのこと)。どちらも細田守監督回。そう、『サマーウォーズ』(’09年)や『おおかみこどもの雨と雪』(’12年)などで知られる今や大巨匠だ。その細田監督が、東映アニメーション在籍時代に手がけた『鬼太郎』のうちの2本だが、確かに突出している。清水Pが“傑作”と言われるのも実に納得がいく。

『おおかみこどもの雨と雪』ブルーレイ(販売元:バップ)

細田監督が東映アニメーション在籍時代に手がけた『おジャ魔女』

 その細田守監督は、なんと人気アニメ『おジャ魔女どれみ』シリーズでも一部のエピソードを手がけていた。中でも傑作はシリーズ第4作『おジャ魔女どれみ ドッカ~ン!』(’02年)第40話「どれみと魔女をやめた魔女」。

© 東映アニメーション

 タイトルにある“魔女をやめた魔女”の声を演じたのが、女優の原田知世。そう、『時をかける少女』(’83年)で主人公の芳山和子役を演じた“あの”原田知世だ。細田監督が後年、『時をかける少女』のアニメ映画(’06年)を監督することを考えると数奇な運命を感じる。未来はもう、キャラクターデザインからして原田知世を意識しているとしか思えない。

 では、ここで簡単にこのエピソードのあらすじをご紹介しよう。