昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

オートレーサー森且行(46)「SMAP卒業から25年目の日本一」オートレース業界の本当の評価は?

2020/11/13

「森且行がオートレースの日本選手権で初優勝」というニュースは大きな話題になった。

 森は2000年にオートレース界の最上位である「S級」にランクイン。以来、苦節20年。「日本選手権で初めて優勝する年齢」として、46歳は史上最年長だ。大きくオートレースの歴史を塗り替えたことになる。

オートレース日本選手権で優勝した森且行 ©時事通信社

 そして何より、森は元SMAPである。「卒業」してから24年間が経とうとも、いまだに彼を語る時にはSMAPの名前がついてまわる。

 その森が日本最高峰のレースで優勝した意味をあらためて解きほぐしたい。

当初は「何を考えてるんだろうね」と厳しい声も

「嬉しい。そのひとことです」

 森の優勝について、あるスポーツ紙記者は感情をあらわにする。氏はもともと芸能を担当していたが、のちにスポーツをカバーするようになった経歴を持つ。

「あのときは、誰もがびっくりしたと思います」

 1996年の“SMAP卒業&オートレース転向"を芸能記者として目撃した氏は、まるで昨日のことのようにその衝撃を語る。

「SMAPの結成は1988年。でもすぐに人気が出たわけではない。CDはそんなに売れなかったし、トップアイドルになるようなグループとは思えなかった。それでもバラエティなど過去のジャニーズアイドルがあまりやらなかった分野に進出しながら、国民的な知名度、人気を獲得していきました」

中居正広 ©文藝春秋

 SMAPの躍進にとって欠かすことのできない転機が、1996年4月に始まった『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)である。「月9」直後の10時スタートという最高の時間帯で大々的に始まった冠番組。しかし森がSMAPを脱退したのは、その開始から1カ月後のことだった。

「人気も上向いて、自分たちの番組を持った矢先にやめると言ったんです。当時はインターネットもそこまで発達しておらず、まさにテレビ1強の時代。周囲は驚いたというか、本当に理解できないといった感じでした。業界的にも、育ててもらって今から事務所に恩返しという時期でしたから、『何を考えてるんだろうね』と厳しい声も聞きました」

 それでも、森は意志を曲げずにオートレースの世界へ転身する。