昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

進化した「半グレ」その犯罪の残忍な手口とは?〈暗号化アプリを活用、高齢者からセクシー女優まで標的〉

半グレとヤクザ#3

2020/11/15

genre : ニュース, 社会

「1億円あるだろう。お金を出せば帰る。おれは人を刺したことがある」

 10月26日、東京・目黒区内のタワーマンションの一室に少年グループが押し入り、セクシー女優の里美ゆりあ(35)を押さえつけて、そう言い放ったという。

被害に遭った状況を話す、女優の里美ゆりあ

「半グレ」の資金源はこれまで、高齢者に電話をかけて様々な手口でカネをだまし取る「特殊詐欺」だとされてきた。しかし、最近は手口が凶悪化している。

 現金600万円が奪われたこの事件についても、警察当局は半グレグループのリーダー格が情報を収集して計画し、実行役をSNSなどで募集して犯行を実行させたとみている。

被害に遭った状況を話す、女優の里美ゆりあ 

セクシー女優が強盗被害

 事件が起きたのは、真っ昼間の午前10時半。里美の住むタワーマンションの一室に、宅配業者を装った強盗グループが押し入った。強盗グループは宅配業者のユニフォームで偽装してオートロックを開錠させてマンション内に侵入。玄関ドアを開けた里美の抵抗を押さえつけて、室内を物色。現金約600万円を奪って車で逃走した。

 しかし、事件はあっけなく幕切れとなった。警視庁は防犯カメラの画像などから逃走車両を早々に割り出し、約5時間半後に神奈川県内で強盗グループの身柄を確保した。