昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「とにかく歌をうまくならなきゃ」のメンタリティ

――意外と弱気ですね(笑)。

ほしの いや、だって歌もそこまで上手くないんですよ! 自分としては、ただ声が高くて、女性の曲でもなんとかキーが出る、というくらいのスタンスでいたんです。「プロレベルで上手い」とか言っていただくと、ハードルがどんどん上がっていっていて。

 テレビとかで放送があった後も「なんで全然上手くないのにこんなにもてはやされているの?」みたいなコメントも結構来ていて、「ごもっとも」と思うんですよ。自分もどういうスタンスでやったらいいのかわかんなくなっていますね。普段のキャラもあって、“歌が上手い”スタンスのほうがいいのか、“そんなにうまくないんです”という風に行った方がいいのか…でも「歌が上手い」で呼ばれているわけだし…みたいに葛藤もあって。

 だからどっちにせよいまは「とにかく歌をうまくならなきゃ」というのがありますね。逆に売れかけの歌手みたいなメンタリティになっています。本業なんなんですかね、僕(笑)。

――YouTubeなどネットメディアの影響力が大きくなって、テレビだけが主戦場ではなくなったいまだからこその悩みかもしれませんね。

©️文藝春秋

ほしの YouTubeがなかったら今の歌もないですし、芸人にとってはSNSってすごく大事だなとは感じました。可能性を広げるというか。その分、いまが今までで一番悩んでいるというか、迷っています(笑)。ちょうど笑いの道の分岐点にいるような気がして。

 でも、せっかくこうして昔からやりたかった歌の方でも注目されたので、一番いいのは笑いと歌と、両立して何かを見せられたらいいですよね。ライブとかでネタもやりつつ歌も歌うとかは、やれたらいいなと思います。「カワイイ」と「気持ち悪い」の両立は難しいんですよ(笑)。

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

この記事の写真(14枚)

+全表示

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー