昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

連載文春図書館 ベストセラー解剖

「金利ってなに?」 “プロ”が教えてくれる“史上最高にハードルが低い”お金の本

『すみません、金利ってなんですか?』(小林義崇 著)――ベストセラー解剖

2020/11/25
『すみません、金利ってなんですか?』(小林義崇 著)サンマーク出版

「今は金利がいい・悪いなどという話をよく聞く……。でもそもそも金利っていいヤツなのか、悪いヤツなのか?」「年末調整は一体何を調整するのか?」「別にやろうとは思っていないけれど、株とか投資って、ざっくり何なのか?」

「マネー知識ゼロ」の編集者は、このような実生活で出くわす数々のお金の疑問を抱える。しかもそれは今更人に聞けないレベルのものばかり。ど直球で投げられたそれらの疑問に、「お金のプロ」である元国税専門官の著者がわかりやすく答えていく本書がヒット中だ。

「取材中も編集中も、他のお金に関する情報には一切触れないようにし、おバカな自分を貫く努力をしました(笑)。本書のレベルの基準は、そんな自分が理解できるかどうか。史上最高にハードルが低いお金の本をめざしました」(担当編集者の梅田直希さん)

 読者は30代~50代の一般ビジネスパーソンのみならず、金融業界関係者や70代以降の世代にも広がっている。「お客様への説明に使います」「子どもや孫にも読ませたい」といった声が多数届いているそう。

 著者と編集者のコミカルな対話を読み進めるうちに、自然とお金への理解が深まっていくのも本書の特徴。

「さあ学ぶぞと構えることなく、最初から気楽に読んでいけばOKという“ゆるさ”も、ヒットの要因だと思っています」(梅田さん)

2020年3月発売。初版1万部。現在15刷11万5000部

すみません、金利ってなんですか?

小林義崇

サンマーク出版

2020年3月17日 発売

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

週刊文春をフォロー