昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“有効性95%”コロナワクチン被験者に訊く25の疑問「接種後どんな症状が?」

「熱、筋肉痛、だるさ、疲労、頭痛がありました」

2020/11/24

source : 文藝春秋 digital

genre : ニュース, 社会, 医療

 新型コロナウイルスのワクチン開発に世界的な期待が高まる中、11月18日にアメリカ製薬大手ファイザー(Pfizer)が「臨床試験(治験)が完了した」と発表した。同社によると、ワクチンの有効性は95%。深刻な副作用もなく、今後、当局に緊急認可申請を行なっていくという。

 現時点で、コロナワクチンの情報は少ない。そんな中、筆者はファイザーのコロナワクチンの被験者に話を聞くことができた。

 ミケル・フェルナンデス・バロス氏。1981年12月13日生まれ、アメリカ合衆国オクラホマ州在住のスペイン人である。職業は、ソフトウェア開発者だ。

ミケル・フェルナンデス・バロス氏

 コロナワクチンの治験は、被験者のうち、半分がワクチンを接種し、半分はプラセボ(偽薬)を接種するという方法で行われる。従って、現時点でバロス氏がワクチンかプラセボどちらを接種されたのかはわからない。しかし彼は「私はワクチンを打たれた方だろう」と語る。

 そんなバロス氏にコロナワクチンに関する「疑問」をぶつけた。

◆ ◆ ◆

治験者の半数にワクチン

——ファイザーの治験には、約4万4000人が参加しているが、このうちの何人がワクチンを受けているのか?

「半分です。半数がワクチンで、半数がプラセボ(偽薬)です。それがこの研究の文書に書かれています。8月6日までに350人を対象に行われたのが、ステージ1。10月5日までに3万6576人を対象に行われたのが、ステージ2、3だと書かれています」

——ファイザーは2回の注射による治験を行うと聞いている。1回目がワクチンで、2回目が偽薬ということはあるのか?

「それはありません。1回目がワクチンであれば、2回目も同じものを打たれます。つまり、1回目が偽薬であれば、2回目も偽薬になるようです」

関連記事