昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

ドラマ「共演NG」出演など活躍の幅を広げているが……

 小澤は人気アニメの2次元の世界を舞台などで再現する「2.5次元俳優」として近年頭角を現してきた。業界でもトップクラスの人気俳優と言われている。

「2013年、大学3年の21歳の時にスカウトされた小澤は『仮面ライダー鎧武/ガイム』(テレビ朝日系)で、主人公の友人・ラットを演じて俳優デビューしました。明るいキャラとキレのあるダンスに定評があり人気が出た。その後は舞台を中心に活躍し、『ダイヤのA』『あんさんぶるスターズ!』『おそ松さん』など人気アニメやゲームの舞台化作品で主演を務めた。また2018年4月には朝の情報番組『PON!』(日本テレビ系)で、お天気お兄さんを務めたり、人気アニメ『A3!』の声優もこなすなど活躍の幅が広がっています」(芸能記者)

 12月7日に最終回を迎え、14日に特別編が放送される秋元康プロデュースのドラマ「共演NG」では人気絶頂の2.5次元俳優、加地佑介役を演じている。

「共演NG」公式HPより

 小澤はインタビューなどで「この仕事をはじめてから恋愛をしたことがありません」と発言しているが、これは事実と異なる。そんな小澤と5年以上にわたり交際していたのがA子さんだった。

「処女様だ~」「可愛い」と小澤が猛アタック

 2人の出会いはA子さんが16歳の高校生だった頃。とあるイベントでA子さんは友人から小澤を紹介されたのだという。A子さんの親友が明かす。

「その友達が、A子のことを『恋愛経験がなくて純粋だから間違っても手を出さないで』って話したら小澤は勝手に盛り上がり、『処女様だ~』『可愛い』って、電話やLINEで猛アタックしたそうです。A子は元AKBの川栄李奈に似た美人ですが、どちらかというといじられキャラの奥手。年上の小澤くんに煽てられ、デートの誘いに応じたようです」

小澤廉(2020年12月1日) ©文藝春秋 撮影・細田忠

 初デートはA子さんの好きなアニメ映画だった。映画を見終えると小澤はA子さんをレンタカーに乗せ、神奈川の夜景スポット、ヤビツ峠へと向かったという。

ヤビツ峠から見た夜景 ©文藝春秋

「A子は、展望台で追いかけっこをした際の彼の笑顔を見て、彼のことが好きになったそうです。車に戻ると後部座席に座らされキスを迫られたといいます。彼は興奮してそれ以上の関係を迫ってきたそうですが、A子は『付き合ってないからできない』と拒否した。すると『じゃあ付き合おう』って……。A子は『そんな軽いのは嫌だ』と断ったのですが、小澤くんは諦めようとしないで何度もアタックし続けました。結局、箱根の温泉へ日帰り旅行をした帰りに、根負けして付き合うことになったそうです。『付き合ってもA子が納得するまでエッチはしない』が条件だったと聞いています」(同前)