昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「A子とは男女の関係。結婚したい」元夫に“不倫相手の素晴らしさ”を語られたサレ妻が“幸せな道”を歩み始めたワケ

「不倫サレてもタダじゃ起きない女たち」の怖~い実話集 #2

2020/12/09

 12月3日に会見をした渡部建(48)をはじめ、東出昌大(32)、瀬戸大也(26)、Zeebra(49)、近藤真彦(56)。今年は既婚男性による不倫の話題に事欠かなかった。そして彼らの妻である佐々木希(32)、杏(34)、馬淵優佳(25)、中林美和(41)らには多くの声援が集まった。

 実は今、ネット上では話題の彼女たちを指す言葉が話題になっている。それは「サレ妻」。夫に不倫された妻、という意味だ。

 サレ妻という言葉は実は2001年頃から、2chの「不倫・浮気板」などですでに使われていた。しかし、現在はInstagramを中心にサレ妻体験談を投稿している人が急増しているのだ。

©iStock.com

 アカウントのプロフィールには、こんな文言が並ぶ。

《旦那が未成年と不倫しました。現在離婚準備中》

《私が妊活中に、他の女と妊活してました》

 11月27日に「文春オンライン」に4年ぶり2度目の不倫が報じられた宮崎謙介(39)の妻である金子恵美(42)も、著書「許すチカラ」(集英社)で1度目の“サレ体験”について言及している。

 サレ妻とは一体、どんな人たちで、なぜ“サレ体験”を投稿し続けるのか――。Instagramでフォロワー5ケタを超える人気サレ妻たちに話を聞いた。(#1より続く)

夫の不倫相手は自身の友人A子だった

「他の女とセックスしたなんて、本当???(白目)という感じでした」

 そう話すのはむーみーさん(30代)だ。夫(現在は離婚)の不倫が発覚したのは6年前。当時の体験を整理して、2019年2月からサレ妻投稿を始めた。

 

 当時、20代後半のむーみーさんは30代半ばの元夫、3歳の長男、そして生まれたばかりの0歳の長女と4人で暮らしていた。元夫は数年前に独立し、夢だった自営業の道を歩み始めたばかりだった。

 しかし夫の不倫が発覚し、穏やかな生活は一変する。しかも、相手女性は家族ぐるみの友人A子(アカウント内の仮名)だった。