昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

元ZOOのNAOYAが明かす「『Choo Choo TRAIN』がJRのCMソングになったわけ」

“ヒップホップの伝道者”NAOYAインタビュー #1

2020/12/27

「Choo Choo TRAIN」が一気に売れて

―――すごい縁ですね。やはりCMの反響は大きかったですか?

NAOYA あれがすべての始まりでしたね。CMでも流れた「Choo Choo TRAIN」も大ヒットして、一気にZOOの知名度が上がりました。それから4年間、JRのCMを担当しましたが、初めての撮影は生田スタジオか緑山スタジオだったかな。CMでは本物の雪山に見えていたかもしれませんが、実はあれ、全部“塩”なんですよ。1トンの“塩”を使った大掛かりなセットで撮影していましたね。

 

―――完全に雪かと思っていました! その後、瞬く間にメジャーになったZOOですが、当時の1日のスケジュールはどんな感じでしたか。

NAOYA それが、周りから「あの頃は忙しかったでしょ?」ってよく聞かれますが、意外と暇でしたよ(笑)。土日はツアーや営業、ライブで大抵どこかに行っていましたが、平日はけっこうフリーなんです。毎晩六本木や芝浦ゴールドあたりのクラブを3、4軒はしごして、朝方帰宅。午後に起きて、渋谷で買い物したりレコード見たり、日焼けサロンに行って、夜になればまたクラブ。1週間で20、30回はクラブに行っていたでしょうね。

 ダンスの練習も兼ねているので、仕事と言えば仕事でしょうけど、皆さんがイメージするような仕事ではないですね。

8割ぐらいはモテたいという動機

―――クラブでZOOのメンバーがいるだけで華やぎそうですが、プライベートでもやっぱりモテました……?

NAOYA おかげさまで! そのために踊ってるようなもんですから!(笑) 8割ぐらいはモテたいという動機ですよ。たぶんダンスやってる人は、みんなそうじゃないですか。

 ZOOで名が知られるようになると、周りはチヤホヤしてくれるし出会いも事欠かない。それはやっぱり楽しいですよ! クラブではVIPは常連が多いので息抜きには行きましたが、一般のフロアの方が新しい女の子がいるしウロウロしていました(笑)。