昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“胸の大きさ、垂れ具合、毛の濃さ…” デリヘルに来る老人の好みは、なぜ“細かい”のか

東海林さだおさん×田原総一朗さん対談「好奇心と性が僕らの原動力」より#1

source : オール讀物 2020年11月号

genre : エンタメ, 読書, 働き方, 社会, ライフスタイル, ヘルス

 80歳を過ぎても第一線で活躍し続けるおふたりが大きな関心を寄せるのが、“老人と性”の問題。ショージ君もびっくり仰天のその実情とは?  “性事”から“仕事”論まで、縦横無尽に広がった対談をお届けする。(全2回目の1回目。後編を読む)

東海林さだおさん(左)、田原総一朗さん(右)

◆◆◆

パワーの源は好奇心

東海林 『朝まで生テレビ!』にはもう30年近く出演されていますね。

田原 33年になります。

東海林 すごい。そのパワーの源はどこにあるのでしょうか。

田原 好奇心ですね。今86歳ですが、現役でいられるのは好奇心のおかげだと思います。東海林さんの連載「男の分別学」も今年で40周年ですか。漫画やエッセイを書くにも、好奇心が大切なんじゃないですか。

東海林 僕はもうすぐ83歳ですが、好奇心は尽きないです。今日も田原さんの本を2冊熟読してきまして〈『セックス・ウォーズ 飽食時代の性』(1984年)『シルバーセックス論』(2019年)〉。今日は政治ではなく、もうひとつの方、“性事”のお話ができたらなと……。

田原 ああ、セックスね。

東海林 はい。田原さんというと、政治経済分野の硬派なジャーナリストというイメージがあったので、こういったテーマを深く取材されているのは意外でした。とくに最近、老人の性というテーマに興味を持ったきっかけはなにかあったのですか。

 

高齢者の性の問題はとても深刻

田原 2017年にNHKの『クローズアップ現代+』で、まさに老人の性をテーマにした回がありました(「『高齢者だってセックス』言えない“性の悩み”」)。そこに当時83歳だった私がゲストに招かれたのです。下調べをするうちに興味が湧いて、今後の大きなテーマにしていこうと取材を始めました。

東海林 『シルバーセックス論』が生まれたのも、好奇心からなのですね。

田原 高齢者の性の問題はとても深刻なんですよ。僕の取材では、女性は大体、60歳を過ぎるとセックスに興味がなくなるのですが、男性は80歳手前くらいまで興味がある。

東海林 エーッ!? 70代でもまだありますかね。

田原 (きっぱりと)男はあります。つまりね、年をとるにつれ、男女間で欲求に差が出てくるんです。男性はセックスしたくても、女性が応えてくれなくなる。下手すると、たとえば夫婦の場合、夫が妻に強要する、レイプのようなことになりかねない。

性欲を持て余した男への対策となりうるデリヘル

東海林 性欲を持て余した男が、犯罪やセクハラに走る危険性があると。田原さんは本のなかで、その対策のひとつになりうるのが、老人向け風俗だと書かれています。デルヘル……? でしたっけ。

田原 デリヘルですね(派遣型風俗、いわゆるデリバリーヘルスのこと)。

東海林 そうそう、デリヘル。

田原 僕は60歳以上の男性専門のデリヘルを取材しました。日本ではこうした老人専門の風俗店が増えているというより、風俗産業そのものが老人向けになっているんです。老人が増えたから、専門店でなくても高齢のお客さんに対応できるようになってきている。

東海林 へえ、カスタマイズされているんですね。