昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

“胸の大きさ、垂れ具合、毛の濃さ…” デリヘルに来る老人の好みは、なぜ“細かい”のか

東海林さだおさん×田原総一朗さん対談「好奇心と性が僕らの原動力」より#1

source : オール讀物 2020年11月号

genre : エンタメ, 読書, 働き方, 社会, ライフスタイル, ヘルス

「実は僕、風俗ってほとんど行ったことがないんです」

田原 取材を進めるうちに、男は何歳まででもセックスしたい生き物なのだなと実感しました。東海林さんだって、まだしたいでしょう?

 

東海林 ウーン、チャンスがあれば……。実は僕、風俗ってほとんど行ったことがないんです。「トルコ風呂」を1回取材したことがあるくらい。デリヘルもよく知らなくて、この対談の前にネットで検索してみたんですよ。そうしたら、すごくいっぱいお店が出てきて。

田原 サイトにはずらりと女性の顔写真が並んでいたでしょう。そこから好みの女性を選んで、お店に電話して希望を伝えると、スタッフが場所を口頭で案内してくれるんですよ。

東海林 どこに行けばいいんですか。

田原 客の自宅か、ラブホテル(通称・レンタルルーム)が多いようです。

老人が女性に求めるもの

東海林 デリヘルは、いわゆる“本番”は禁止なんですよね。

田原 本番は売春なので違法です。僕が取材したお店では、女性に本番を迫る客は出入り禁止にしたり、女性にも本番しないように指導したりと、経営者が厳しく取り締まっていました。

東海林 本番禁止とはいえ、お客さんの最終的な目的は本番ですよね。本のなかに出てきた経営者の発言でとても印象的だったのが、「(お客さんに)射精していただく」というもので。“射精”と“いただく”の言葉の組み合わせがなんとも(笑)……。

田原 当然ですよ。お客様なんだから。僕は近江商人の末裔なので、幼いころから祖母に「三方善し」の心得を言い聞かされて育ちました。三方善しとは、まずお客さんにとって善し、次に、世間に善し、そして自分にとって善しです。デリヘル経営も決して例外ではない。

東海林 たしかに「三方善し」ですけど……さすがに丁寧すぎませんか? 射精“していただく”って……。

田原 企業はお客様あってこそ、成り立つものです。業種は違いますが、日本航空を再建した稲盛和夫さんの話を思い出しました。日本航空が経営破綻したとき、当時の社員たちにはサービス精神がなく「お客さんを飛行機に乗っけてやる」という雰囲気だったそうなんですね。そこで稲盛さんは「飛行機はお客様に乗っていただくものだ」ということを徹底して指導したと。どんな仕事でも大事なことです。

 

女性との“心のふれあい”を求めてやってくる人も

東海林 アハハ、そうか、“射精させてやる”じゃだめなんですね。ところで、60歳以上のなかで、射精まで辿り着ける人はどのくらいいるんでしょうか。

田原 2割いるかどうからしいです。

東海林 そんなもんですよね。お客さんにとって、射精はひとつの目標ではあるけれども、女性との“心のふれあい”を求めてやってくる人も多いとか。

田原 そうなんです。老人の多くは、セックスそのものを目的にしているというよりも、女性と触れ合ってなごやかに過ごせればいいと思っている。実際、女性とくっついて肌のぬくもりを感じていれば、それだけで幸せな気持ちになれると思いませんか?

東海林 ああ、癒やされると思います。デリヘルに来る老人たちの女性の好みは、ずいぶんと細かいようですね。胸の大きさ、垂れ具合、毛の濃さ、妊娠線の有無までこだわる人がいるとか……今の老人はすごい! 特に妊娠線はすごい!