昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

「本当はネガティブな性格」“日本一熱い男”・松岡修造、ポジティブへの転換点

松岡修造さんインタビュー #2

2021/01/16

 テニス選手として類い稀な功績を持ち、“日本一熱い男”として知られる松岡修造。 「根は消極的で弱くてネガティブな人間」と語る松岡にとっての転換点や、一世を風靡した日めくりカレンダー「まいにち、修造!」の今後について聞いた。(全3回の2回目/1回目から読む) 

松岡修造さん

◆ ◆ ◆

テニス選手だった頃より、今のほうが楽しい

ーー松岡さん自身のお話もお伺いします。ほぼ日刊イトイ新聞で行われた糸井重里さんとの対談企画「松岡修造のポジティブ道」で、「今、ぼくがテニス選手として行動するのは一年を通しても本当に短い時間、ジュニア選手の強化をしている時だけなんですよ。それ以外は自分をテニス選手だと思ってもいないし、失礼ですが戻りたくもなくて」とおっしゃっていますが、この真意についてお聞かせください。 

松岡 ジュニア合宿や解説などでテニスに関わるのは喜んでさせていただいています。今の僕があるのはテニスのおかげですし、僕は日本人のなかでは一応パイオニアと言われていたからこそテニスについては自信を持って話すことができるので。

 ただ、他の分野に関しては自信を持って話すことは基本的にないんです。だって、やったことがないですし、他の人の言葉を聞いて、「僕はこう感じました」と言うことしかできないですから。そういう場では、テニスはまったく関係ないですし、持ち込んでもしょうがない。 

 現役を退いてからは、人を「応援する」ということを自分自身の明確な目標にしています。だから、自分自身がいままで成し遂げてきたことなんてどうでもいいと思ってしまうんですよね。テニスを教えることも“応援”の一つとして考えていますから。テニスについてはいろいろ言えますが、他の場ではテニスというものを通さなくても表現できるという感覚なんですね。

 

ーーテニスをされていたときは競技にまつわるスランプがあったと思いますが、現役を退いてからはスランプに陥ったことはあるのですか?  

松岡 テニスをやっていた時には結果がすべてだったので、勝っていないことがスランプですよね。いまのポジションではどのような状況がスランプなのか、ちょっと僕のなかではわからないです。ストレートに言ってしまうと、スランプを感じたことはないです。 

ーーテニス選手だった頃よりも、現在のほうが楽しいという感じでしょうか。 

松岡 楽しいです。いまの生き方のほうが向いています。もともとテニスの才能がないと言われていましたから。それなりに活躍はしましたが、それでも錦織選手を見ているとその才能が羨ましくなってしまいますし、こういう人こそテニスプレーヤーなんだなと思い知らされる。

関連記事