昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

《巨人の4番が誰かわかりますか?》鬼滅に完敗「小学生の憧れ」ランキングからスポーツ選手が消滅の理由

2020/12/26

 子どもたちの「憧れの人物」ランキングにスポーツ選手はいなかった。

 ベネッセコーポレーションが2020年11月20日~23日にかけて、「進研ゼミ小学講座」の小学3~6年生の会員7661人(女子5170人・男子2491人)にアンケートを実施。「憧れの人物」ランキングのトップ10に、人気アニメ『鬼滅の刃』の登場人物から7人もランクインしたことが話題になった。結果は以下の通りだ。

1位 竈門炭治郎(鬼滅の刃)618票
2位 お母さん 393票
3位 胡蝶しのぶ(鬼滅の刃)315票
4位 先生 229票
5位 お父さん 171票
6位 冨岡義勇(鬼滅の刃)165票
7位 竈門禰豆子(鬼滅の刃)163票
8位 煉獄杏寿郎(鬼滅の刃)151票
9位 我妻善逸(鬼滅の刃)150票
10位 時透無一郎(鬼滅の刃)126票

アニメ「鬼滅の刃」ティザーPVより

 1位の竈門炭治郎に次いでランクインした母は強し。お父さんは胡蝶しのぶにも先生にも負けて第5位って切ない……と思ったら、 アンケート対象は女子の方が2679人も多いので妥当な結果だろうか。憧れている理由の上位で共通しているのが「やさしい」。そして、「小学生が2020年に好きになったもの」アンケートでは、2位のゲーム589票に大差をつけての第1位は、やはり『鬼滅の刃』で2216票と圧倒的な強さ。

本田圭佑 ©JMPA

「憧れの人」はスポーツ選手の指定席だった

 かつてこの手のアンケートはスポーツ選手の独壇場だった。昭和の長嶋・王の時代から、平成のイチローや本田圭佑まで、上位はその時代を代表するスポーツ選手が独占したものだ。それが令和2年は『気滅の刃』のひとり勝ち状態。

 これ仮に「鬼滅はあんまり好きじゃない……」という少数派の子どもたちは、教室で気を遣うかもなあと心配してしまう全集中の人気ぶりである。なんつって、ベタに“全集中”とか書いてる中年男の自分も、『全裸監督』を見るために加入したNetflixで鬼滅アニメ全話を視聴済みなのだから、まさに社会的なブームということだろう。