昭和34年(1959年)創刊の総合週刊誌「週刊文春」の紹介サイトです。最新号やバックナンバーから、いくつか記事を掲載していきます。各号の目次や定期購読のご案内も掲載しています。

冬でも読みたい「怖い話」

2021/01/11

これまでにない変化が起きつつある

 もちろん、同じ社会の中で、罪を償った人といかに共生していくか、彼らの社会復帰をどう促していくのかというのは重要な課題です。ただその一方で、「犯罪者の素顔がわからないまま日々が過ぎていく」という、これまでにない変化が目の前で起きつつあるのも事実です。

 裁判で考えられる影響としては他にも、マスクをしていると声がこもって聞き取りづらくなるため、「そもそも被告人が何を話しているのか」「どんな声をしているのか」がわかりづらくなるという点も重要です。ソーシャルディスタンスを保つために傍聴席の数が減らされ、その一方で公判をネット中継するといった対策も講じられていない現状では、マスク姿の被告人を目にする人自体も減っています。

©iStock.com

 これが10年後、20年後の「怖い話」に繋がらないことを祈るばかりです。

 ここまで、事故物件を軸に昨年を振り返ってきました。次は今年、引っ越しシーンなどで役立つ……かもしれない「おとり広告と事故物件のカラクリ」について、最新の情報をお話ししましょう。

後編に続く

この記事の写真(5枚)

ツイッターをフォローして最新記事をいち早く読もう

文春オンラインをフォロー